ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

機能性表示食品とは?

機能性表示食品とは?

はじめに

最近、「機能性表示食品」という言葉を目にするようになりました。しかし、言葉はしっているものの、どういうものなのか詳しく説明はできない……そんな方も多いのではないでしょうか。今回は、気になる機能性表示食品についてのお話です。

機能性表示食品とは?

機能性表示食品の制度は平成27年4月から開始されました。なぜ機能性表示食品が始まったのか?理由は、その食品がどんな機能性を持っているのかをわかりやすくして、消費者に商品を選びやすくするためです。

例えば商品のパッケージに「お腹の調子を整えます」と記載されていれば、その効果を期待できます。健康維持や増進をサポートする機能をもった商品であり、食品だと判断しやすいのですね。

これまで食品の機能性に関しては、国が個別に許可を行っている特定保健用食品(トクホ)や、国で規格基準に合格したものだけが「栄養機能食品」と呼ばれるものでした。それ以外の食品は健康的な効果を期待できるものであっても、それを表示して売りにすることはできなかったのです。

しかし、もっと簡単に消費者が求めている食品を選べるほうがいいのでは?という意見があり、もっと幅広く商品の機能をチェックして選べるようにするため、機能性表示食品の制度が作られたのです。

国がその効能を認めたトクホとは違い、販売している事業主が責任をもって、科学的根拠に基づいた結果から作られているものになります。

機能性表示食品を利用するポイント

機能性表示食品だけに頼らない食事

機能性表示食品はあくまでも補助的なもので、普段の食生活の内容をさらに充実させるようにサポートしてくれる食品です。

ですから食事をすべて機能性表示食品だけにしてしまうのは、おすすめできません。きちんと栄養バランスを整えた食事を基礎にして、プラスアルファで機能性表示食品を補うと、健康を維持し増進させる効果が出てくると考えましょう。

商品の細かい情報はインターネットで公開中

機能性表示食品の持っている「どんな効果が期待できるか」「その根拠は」という疑問があれば、消費庁のウェブサイトでチェックできます。

簡単なステップで「自分に必要かどうか」を理解できるのが機能性表示食品。先ほど例に挙げた「お腹の調子を整える」という機能性表示食品に、どんな成分が含まれているかだけではなく、科学的根拠やどういうメカニズムで効果があるかもあらかじめ知っておくことができます。

国が保証するものではない

機能性表示食品の効果は、国が保証するものではないことも知っておいたほうがいいですね。あくまでも研究開発した会社が科学的根拠を証明しているものだからです。しかし上手に食事のサポートに役立つ食品だということは確かです。

摂取量を守る

機能性表示食品のパッケージや説明書に書かれている摂取量はきちんと守りましょう。効果がもっと出るように、と食べ過ぎることはおすすめできません。

健康維持と増進のためには、基本の食事の栄養バランスを整えることが大切。でもなかなか摂取しにくい栄養素もあります。そこでその悩みをサポートしてくれる存在が機能性表示食品だと考えると、健やかで、元気な毎日を送れるでしょう。

おわりに

機能性表示食品についての内容がご理解いただけたでしょうか。摂取量を守りながら、上手に食事のサポートをさせるように役立てましょう。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ