ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

疲れた体をいたわる、リラックス効果を高める入浴法

疲れた体をいたわる、リラックス効果を高める入浴法

はじめに

お風呂にリラックス効果があるということは、よく知られています。普通に入浴するだけでもその効果を実感できますが、少しの工夫でより高いリラックス効果を得ることができます。ここでは、お風呂でリラックスできる理由や、目的別の入浴方法などを紹介していきましょう。

なぜ入浴でリラックスできるの?

お風呂に入るとリラックスできますが、それはなぜでしょうか。それは次の三つの作用が働いているからなのです。

一つ目は温熱効果です。湯船に浸かると体が芯から温まり、発汗作用が促され、大量の汗をかきます。これにより疲れがスッキリと解消されるのです。

二つ目はお風呂の水圧によって、マッサージ効果がもたらされることです。この水力は下半身に貯まりがちな血液を上半身に持って行き、むくみを解消するのに絶大な効果があるのです。また、血の巡りと共にリンパの流れが改善され、循環器系の機能改善にも期待されています。

三つ目は浮力によるリラックス効果が挙げられます。湯船の中での体重は、わずか10分の1と言われています。普段の生活をしている時より、太ももお尻、体幹部の筋肉の負担も10分の1になり、緊張を緩めることができます。

また入浴方法によっても、疲労回復の効果が変わってくるので見ていきましょう。
身体をリラックスモードに導くために、お湯の温度は38~40度位のぬるめがよいです。疲労回復の他に、質の良い睡眠のためにも入浴で体をあたためたり、疲労部分を軽くマッサージをしたりするとよいでしょう。

お風呂の湯船の温度が42度以上になると、交感神経が働いて目が冴えてしまい、寝つきが悪くなります。

目的別リラックス入浴方法

入浴するだけでリラックス効果は大きくもたらされますが、入浴後どうしたいか(就寝したい、集中したい、など)が明確な場合、目的別の入浴法があります。では、日常生活の中の数パターンを見ていきましょう。

ストレスを解消したい時

40℃以下のぬるめの湯にゆっくり浸かります。
ぬるめの湯が副交感神経を優位にし、心身を鎮静させます。また42~43℃
の熱めの湯にさっと入ることも、身体の中の血液が促進され、頭と神経のイライラをさっぱりさせる効果があります。

安眠したい時

36~38℃のぬるめのお湯にゆっくりと入ることで身体の緊張が取れて神経が鎮静化します。しかし、本来の疲れがどっと表に出てくるので気を付けましょう。

仕事をしたい時

42~43℃の熱いお湯に短時間でサッと入ります。
これにより交感神経を刺激し、心身の緊張を高め頭がスッキリします。ただし長湯はいけません。

足のむくみや、足の疲れを取りたい時

40℃前後のややぬるめでたっぷりと多めに入れた湯に、長く入ります。
湯の深さが深いほど、水圧が足にかかりマッサージ効果が期待できるでしょう。

筋肉の疲れを取りたい時

42~43℃の熱めのお湯に入ります。血圧や心臓に異常がなく、体力に自信のある人は一度湯船から出て、水をかけ再度湯船に浸かるのも効果的です。熱めの湯が血行をよくし、疲労物質を早く取り除きます。

入浴の前後にしたいこと

入浴の前後に少しのポイントを抑えるだけで、よりリラックス効果の高い入浴ができます。
まず、入浴の前はどんなことに気を付けたらよいでしょうか。

入浴の前は、食後すぐに入浴を避けるようします。食後は胃や腸の消化器官を動かすために血液が必要となってきます。食後すぐにお風呂に入ると皮膚に血液が集まってきて、消化器官に血液が運ばれず、消化不良を起こしてしまう可能性があります。

またお風呂に入る前に、コップ一杯の水を飲みましょう。発汗作用を促し、余分な水分や老廃物を押し出すことができます。

何人かお風呂に入らなくてはいけない時など、湯船に入る前に身体を洗うようにマナーとして考えるかもしれません。しかし数分でも温まってから身体を洗うようにすると、毛穴が開き皮脂や汚れを落としやすくなります。湯船に入る前には、もちろん掛け湯を行うようにします。掛け湯は心臓から遠い手足から行いましょう。

では入浴後に心がけることは何でしょうか。
まず、お風呂の後には想像以上に汗をかいていますので、水分補給をするようにします。
また湯船から出た後も、少しぬるめのお湯を足にかけてから出ると湯冷めしにくくなります。
就寝時は、パジャマやスローブなど身体を締め付けない服を着てリラックスするとよいでしょう。

おわりに

お風呂にアロマやバスオイルを入れ癒し効果を期待する方法は一般的ですが、お風呂の温度まで気を配り入浴することは、なかなかなかったかもしれません。これを機に色々試していただきピッタリの入浴法を探してみられると、よりお風呂が楽しくなりそうですね。

入浴の前後にしたいこと

入浴の前後に少しのポイントを抑えるだけで、よりリラックス効果の高い入浴ができます。
まず、入浴の前はどんなことに気を付けたらよいでしょうか。

入浴の前は、食後すぐに入浴を避けるようします。食後は胃や腸の消化器官を動かすために血液が必要となってきます。食後すぐにお風呂に入ると皮膚に血液が集まってきて、消化器官に血液が運ばれず、消化不良を起こしてしまう可能性があります。

またお風呂に入る前に、コップ一杯の水を飲みましょう。発汗作用を促し、余分な水分や老廃物を押し出すことができます。

何人かお風呂に入らなくてはいけない時など、湯船に入る前に身体を洗うようにマナーとして考えるかもしれません。しかし数分でも温まってから身体を洗うようにすると、毛穴が開き皮脂や汚れを落としやすくなります。湯船に入る前には、もちろん掛け湯を行うようにします。掛け湯は心臓から遠い手足から行いましょう。

では入浴後に心がけることは何でしょうか。
まず、お風呂の後には想像以上に汗をかいていますので、水分補給をするようにします。
また湯船から出た後も、少しぬるめのお湯を足にかけてから出ると湯冷めしにくくなります。
就寝時は、パジャマやスローブなど身体を締め付けない服を着てリラックスするとよいでしょう。

おわりに

お風呂にアロマやバスオイルを入れ癒し効果を期待する方法は一般的ですが、お風呂の温度まで気を配り入浴することは、なかなかなかったかもしれません。これを機に色々試していただきピッタリの入浴法を探してみられると、よりお風呂が楽しくなりそうですね。

こんな記事もチェックしています

ページトップへ