ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

栄養満点でいろんなレシピに活用できる!「かぶ」の栄養・効果とおすすめの食べ方

はじめに

かぶはスープに入れたりサラダしたりと、さまざまなレシピに活用できる食材です。かぶは3月ごろになると旬を迎えるので、春先になると店頭で見かける方も多いと思います。

ここでは、かぶの栄養や効果、おすすめの食べ方など、かぶについての基礎知識をまとめてみました。

かぶに含まれる栄養と効果

かぶは根と葉で栄養がちがう

かぶは、根と葉で栄養成分が異なる食材です。

根は淡色野菜で、ビタミンCを多く含み、でんぷん消化酵素のアミラーゼを含んでいます。アミラーゼは、胸やけや食べ過ぎの不快感を取り除く作用や整腸作用があります。

葉は緑黄色野菜で、

  • カロテン
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • カリウム
  • 食物繊維

などを含んでいます。

実は、白い根の部分よりも葉の部分に豊富な栄養が集まっています。

かぶに含まれる栄養が不足するとどうなる?

上記の栄養素が不足すると、体の各部に以下のような症状が出るようになります。

  • アミラーゼ不足:胃もたれ・胸やけ
  • カルシウム不足:骨粗しょう症
  • ビタミンA不足:免疫力低下・夜盲症
  • 鉄不足:貧血
  • 食物繊維不足:便秘

その他にもうれしい効果がたくさん!

かぶは胃腸を温め、冷えからくる腹痛を抑える効果があるといわれており、昔から胃腸薬として知られていました。

また、解毒作用を持っていて、葉と根を混ぜて抽出した汁を患部に塗布すると、虫刺され、あかぎれ、しもやけなどに効果があります。

葉と根の両方に含まれている辛み成分「グルコシアネート」は発がん物質を解毒し、活性酸素を取り除く働きがあるといわれているので、アンチエイジング効果が期待できます。

かぶのおすすめの食べ方

根は生食がおすすめ

かぶの根を食べるときは生食がおすすめです。サラダや和え物にすると良いでしょう。

生で食べれば熱に弱いビタミンCを上手に摂取できます。また、弱った胃や食べ過ぎ、胸やけに効果があるといわれています。大根のようにおろして食べれば、食化促進の働きが期待できます。

塩でもんだり、酢につけたりすると、酵素の効果が減ります。即席漬けも塩を薄めにし、あまり強くもまないようにしましょう。
かぶの根は火が通りやすく味が染み込みやすいのですが、その分煮崩れしやすいです。加熱する場合は短時間で調理しましょう。

葉は様々な食べ方ができる

葉はアクが少なく、サッと炒めたり、湯通ししたものを根と一緒にサラダや和え物、煮物、炒め物など様々な食べ方ができます。

かぶの葉は、油炒めにするとカロテンが効果的に摂れます。

その他の食べ方

かぶはジュースにして飲むと、吹き出物や腫れ物に効果を発揮します。また、おろして絞った汁を飲むと声枯れにも有効です。

かぶの根をゆでるときに米の研ぎ汁か米粒を入れると、白くきれいに茹であがって旨みも増します。

組み合わせると効果的な食材

ご飯(米)

かぶにはでんぷんを分解する消化酵素「アミラーゼ」が含まれているので、ご飯と一緒に食べると消化吸収を助けてくれます。胃腸の弱い方や、二日酔いなどで胃の調子が悪いときにおすすめの食べ合わせです。

インゲン

インゲンには胃腸を丈夫する効果や疲労回復効果があるといわれています。かぶには内臓の働きを良くし、胃もたれや胸やけを防ぐ効果があるとされているので「かぶとインゲンの煮びたし」にすると良いでしょう。

ビタミンDを含む干し椎茸や青魚と食べ合わせると、カルシウムの吸収も高まります。

上手な選び方

かぶは、光沢があって実が丸く、硬くしまっているものを選びましょう。葉がみずみずしく色鮮やかなもの、葉の付け根がきれいなものを選ぶと良いです。

葉にキズなどがあるものや、ひび割れているものは避けるようにします。

おすすめの保存方法

かぶは葉がついている状態だと水分が蒸発します。そのため、保存するときは葉と根を切り分けるようにします。

葉は濡らした新聞紙などに包み、冷蔵庫に入れて早めに食べるようにします。根はビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存すれば4~5日は持ちます。

おわりに

かぶにはさまざまなレシピがあります。栄養効果も抜群で、ぜひ春先になったら食べたい食材です。

上手に活用して、旬の味を味わってみてくださいね!

(記事作成協力:ちんさん)
(image by photo-room.net)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ