ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

こんなに簡単でいいの?自分でキレイに白髪染めする方法

はじめに

自分で白髪染めをするのは難しいと敬遠している方も多いのではないでしょうか。美容院で染髪してもらう方が良いという考えの方も、まめに染めに行くとなるとお金の心配が出てきてしまいますよね。

自宅で行う白髪染めは、コツを掴めばキレイに染めることができます。「自分でキレイに白髪染めする方法」をご説明します。

ヘアカラーリング剤の種類

白髪用(白髪を隠したい方向け)

  • ヘアカラー(医薬部外品):明るめな色にも暗めな色にも染められる。1回でしっかり染めたい方向け
  • ヘアマニキュア・カラートリートメント(化粧品):脱色はせず、髪の表面とやや内側に染まる。髪を傷めないで白髪を隠したい方向け
  • 一時着色料:シャンプーで落とせる。時間の無いときに一時的に白髪を隠したい方向け

白髪染めの準備

用意する物

  • ヘアブラシ
  • シャンプー・コンディショナー
  • ヘアクリップ(ダックカール)

ヘアカラーリング剤の付着を防ぐもの

  • ビニール製の手袋(製品に入っていない場合)
  • 輪ゴム
  • 新聞紙
  • タオル
  • 化粧ケープ(汚れても良い服でも可)
  • 水をはじく油性クリーム
前あきの衣服を着ておくと、白髪染め後、洗い流す際に脱ぎやすくて便利です。

白髪染め前の準備

ヘアカラーリング剤の付着対策

  • メガネやコンタクトレンズ、アクセサリーなどを外す
  • 新聞紙を床や洗面台に敷く
  • 手袋をはめて外れないように輪ゴムでとめる
  • タオルを首の周りに巻く
  • 水をはじく油性クリームを生え際に塗る
  • 化粧ケープ(汚れても良い服でも可)で衣服を覆う
衣服やたたみ、じゅうたん、壁、家具などにヘアカラーリング剤が付くと、特に色が落ちにくいので注意します。

髪染め(カラーリング)の準備

  • 使用説明書にしたがって混合液を作る
  • 混合液を作ったらすぐにヘアブラシに付け、髪に塗り始め、途中で中断しない

髪が長い場合は、髪をブロッキングしてヘアクリップで留めておき、全体を大きく5ヶ所くらいに分けると塗りやすくなります。

白髪染めのやり方

STEP1:生え際・白髪の目立つ部分

まず生え際などの白髪の目立つところから塗っていきます。ヘアブラシを寝かせるようにすると根元を塗りやすいです。

STEP2:分け目

分け目に塗ります。頭を少し下げて、鏡で見える部分まで塗れば塗り残しが減ります。

利き手の反対側から塗ると、腕の汚れを防げます。

STEP3:前髪・サイド

前髪やサイドを塗るときは、ヘアブラシで髪を分けながら塗っていきます。内側と外側、どちらもやりましょう。

STEP4:耳後ろ・えり足

「髪をアップにしたときに染まってない!」なんてことのないよう、耳の後ろやえり足にもしっかり塗っておきましょう。

STEP5:後頭部

後頭部も、髪をヘアブラシで分けながら塗っていきます。えり足の根元から前の方へ向かって塗っていきます。塗り残しがないよう、たくさん塗りましょう。

STEP6:毛先

毛先に塗るときは手を添えて、軽くなじませながら液を伸ばしましょう。液ダレ防止にもなります。

STEP7:全体

タテ・ヨコ・ナナメと、色々な方向に髪を優しくとかしていきます。全体をとかしたら、もう一度生え際や白髪が気になる部分に塗りましょう。

STEP8:放置

混合液が髪全体に馴染んだら、所定の時間放置します。所定の塗布時間より早く塗り終えた方は、その分長く放置します。「髪質的に染まりにくい」という方は、5分ほど長めに放置しましょう。

STEP9:すすぎ・洗髪

ヘアカラーの色が出なくなるまで、ぬるま湯で充分すすぎます。

シャンプーを2回し、リンスまたはコンディショナーで仕上げて、よく乾かします。これで完了です!

キレイに染めるための3つのポイント

1.温度

温度が高いとヘアカラー剤の反応が早くなり、染まりやすいです。温度が低いと反応が遅くなり、染まりにくくなります。

室温の低い場所に置いてあったヘアカラーリング剤は、しばらく設定の室温に置いてから使用してください。通常、ヘアカラーリング剤は室温20~30℃を基準に設定されています。

2.塗布量

特に、生え際などの白髪が気になる部分やしっかり染めたい部分、染まりにくい部分には、薬剤を他の部分よりも多めに塗りましょう。

3.放置時間

染まりやすい髪質(細くて柔らかい、パーマがかかりやすい髪)の方は、混合液を塗った後、所定の時間どおり放置します。

染まりにくい髪質(太くて固い、パーマがかかりにくい髪)の方は、混合液を塗った後、所定の放置時間より5分ほど長めにおきます。

極端に長くおきすぎると白髪用の場合、髪が暗くなりすぎることがあります。

染めた髪をキレイに保つ3つのポイント

1.髪のpHコントロール

カラーリングをすると髪は「アルカリ性」に傾きます。するとキューティクルが開いて傷つきやすくなり、染料やタンパク質が流出しやすくなってしまいます。

これを防ぐためには、髪質を「弱酸性」に戻す必要があります。シャンプー後にしっかりリンスコンディショナーなどで弱酸性に戻しましょう。

2.キューティクルケア

キューティクルをケアすることで、髪の内部のタンパク質やメラニン色素、染料の流出などを防ぎ、ツヤや手触り、色持ちを保つことができます。

ケア方法

  • STEP1:「洗い流さないトリートメント」でキューティクルの浮き上がりを抑え、髪表面の滑りを良くし、摩擦によるキューティクルの損傷を防ぐ
  • STEP2:髪が濡れている状態ではキューティクルが剥がれやすいので、髪がこすれ合わないよう、「強めのタオルドライ」や「濡れた髪のブラッシング」、「髪が濡れたままの就寝」などを避ける
  • STEP3:髪を乾かす際はドライヤーで熱を当てすぎると、髪の水分が失われてキューティクルがめくれ上がってくるので、熱を当てすぎないようにする

3.色素ケア

カラーリング後は、しっかり色素を守るためのケアする必要があります。染料が変色してしまったり、壊れたりしてしまうことで、髪の退色(明るくなっていく)を早めてしまう事があります。

色素を守る方法

  • 1.紫外線で染料の一部が変化して変色が起こってしまうことがあるので、紫外線の強い時期は帽子をかぶる
  • 2.プールの消毒に使用される塩素系消毒剤には、弱いですが漂白作用があり、色落ちの原因にもなるので、プールから出た後はしっかり髪を洗う
  • 3.ヘアカラー直後にパーマをかけると、染めた色が変色する場合がある(パーマの後にヘアカラーをするとパーマが伸びる場合がある)ので避ける

注意点・カラーリングによる「かぶれ」対策

染髪前に「皮膚アレルギー試験(パッチテスト)」を必ず行う

カラーリングはまれに重いアレルギー反応(肌のかぶれなど)を起こすことがあります。

ヘアカラー剤をご使用の際には毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行います。その際、商品説明書に記載されている事項は必ず守りましょう。

おわりに

白髪染めは行う頻度が多くなりがちなのでお金がかさんでしまいますよね。コツを掴めば、美容院に行かなくても自分で簡単にできますよ。まだ自宅で染めたことが無い方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

どの商品も、使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。

情報提供:ホーユー株式会社(https://www.hoyu.co.jp/)

(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ