ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

のどから風邪がくる方必見!のどの痛みを和らげる方法6選

はじめに

冬場は油断するとすぐにのどが痛くなってしまう、という方は多いのではないでしょうか。のどの痛みを伴う喉風邪はひいてしまうと厄介ですが、日頃からこまめなケアを心掛けることで防ぐことができます。

のどから風邪をひきやすい方向けに、オススメの「のどのケア」についてご説明します。

喉風邪になる原因

風邪は、鼻やのどなどの「上気道」が、ウイルスや細菌などに感染して起こります。感染したウイルスによって症状が異なりますが、体内で増殖するウイルスや細菌への防御反応として、せきやたん、くしゃみや鼻水などの症状が現れます。

また、風邪のウイルスと戦うために、鼻やのどの粘膜に血液が集められて炎症が起こり、鼻づまりやのどの腫れ、痛みといった症状が起こるのです。

のどをケアする方法6選

1.こまめにうがいをする

うがいにより、のどは洗浄、刺激され、潤されます。 うがいには、

  • 粘液の分泌や血行を良くする
  • 病原体やほこりなどの異物を粘液と一緒に外に出す

といった効果があります。外から帰ってきたときや、特に人ごみの多い場所に出かけた後は必ずうがいをしましょう。

2.マスクを着用する

マスクを着用することで、ほこりや冷気、アレルギーの原因となる物質を吸いこむことや、口の中の乾燥を防ぐことができます。

風邪が流行する季節や人が集まる場所、ほこりっぽい場所などではマスクを着用することを意識しましょう。

3.のどを潤す・部屋を加湿する

かぜの原因の約80~90%以上はウイルス感染と言われています。乾燥した環境ではウイルスが空気中に漂う時間が長くなるため、感染しやすくなります。

また、気道の粘膜が乾燥すると、病原体や異物を追い出す繊毛運動が弱くなってしまい、ウイルスに感染しやすくなってしまいます。

水やお茶などで積極的にのどを潤すとともに、乾燥する季節には部屋を加湿するなどして、湿度を保つようにしましょう。

4.刺激物の摂取を避ける

お酒や辛いもの、熱すぎるものは、のどから水分を奪ったり、粘膜を傷つけたりすることがあります。風邪などでのどが敏感なときは避けるようにしましょう。

5.カラオケでの歌いすぎに注意する

歌うことはストレス発散や発声器官・呼吸器官を活性化させる効果もあります。しかし声の出しすぎや歌いすぎは、のどを痛める原因になるので気を付けましょう。

ひどい場合は、声帯にポリープができることもあるので要注意です。

6.たばこを吸わない

たばこはのどや肺に百害あって一利なしです。例えば、気道に炎症を起こし咳や痰を出す慢性の呼吸器疾患(COPD)は、ほとんど喫煙が原因で発症します。

たばこはのどにダメージを与える原因になるので、控えるようにしましょう。

受動喫煙で周囲の人の咳の原因になってしまうこともあります。

オススメのどケアアイテム

1.かぜ薬

ルルアタックEX(第一三共ヘルスケア:第2類医薬品)

のどの痛み、発熱などの辛い風邪症状に優れた効果を持つとされる4種の基準外成分を配合した総合感冒薬です。

特に2つの抗炎症成分(トラネキサム酸、イブプロフェン)が、辛い風邪症状のもととなる炎症を抑え、「つばを飲み込むのも辛い」あるいは「赤く腫れて痛い」などの痛みや発熱などに優れた効果を発揮します。

コルゲンコーワIB透明カプセル(興和新薬:第2類医薬品)

イブプロフェンなどの6つの成分を全て液状にしてカプセルに閉じ込めたお薬です。のどの痛みや発熱などのつらい風邪症状の原因となる「炎症」に対し、優れた効果をあらわします。

2.のどスプレー

ルルのどスプレー(第一三共ヘルスケア:第3類医薬品)

患部に留まって効くとされるジェルタイプののどスプレーです。のどのはれや痛みの原因である炎症を抑える効果がある水溶性アズレンが配合されています。

パープルショット(白金製薬:第3類医薬品)

こちらもスプレータイプののどケアアイテムです。有効成分(アズレンスルホン酸ナトリウム)が、のどの炎症部に直接届き、効果的に炎症を鎮めます。清涼成分のメントール使用により、爽快感のある使い心地も特徴です。

3.のど飴

ルルメディカルドロップ(第一三共ヘルスケア:指定第2類医薬品)

咳を抑えるdl-メチルエフェドリン塩酸塩や、たんに効くとされる成分が配合されていて、のどの痛み・咳に効果があります。

5歳以上の子どもから服用できる医薬品のドロップ剤です。

4.トローチ

アズセグトローチ(日新薬品:第3類医薬品)

アグセグトローチは、消炎成分としてアズレンスルホン酸ナトリウムとグリチルリチン酸ニカリウム、口腔内殺菌成分として塩化セチルピリジニウムが配合されており、炎症によるのどの腫れや痛みを抑えてくれます。

ブルーベリー味で5歳以上から服用できますので、お子さんののどのケアにも使えます。

注意点・アドバイス

症状に合わせて風邪薬を選びましょう。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱など、かぜの症状は様々です。症状をよく確認して、辛い症状を和らげる成分を含んだ薬を選ぶようにします。

のどを直接殺菌・消毒するうがい薬や、のどの炎症を抑えるトローチなども有効です。

複数の症状が重なった場合には、複数の成分が含まれて、色々な症状に効果を発揮する総合感冒薬がオススメです。

おわりに

のどの痛みや腫れは放っておくと悪化することが多いです。症状を軽くするためには、ちょっとのどの調子が悪くなってきたと感じたときに対策を講じることが1番です。

のどに違和感を感じたときは、部屋を暖かくして保温を心がけ、体を冷やさないよう気をつけて安静にしましょう。また、抵抗力を高めるには栄養が欠かせません。消化のよい良質のタンパク質や体力の消耗を補う栄養価の高いものを摂ることを心がけましょう。

(image by PAKUTASO)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ