ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

防水スプレーとは何が違う?撥水スプレーの正しい使い方

はじめに

大切な洋服やお気に入りの靴を履いているときに限って雨が降ってきて濡れてしまう、なんて経験をしたことはありませんか?衣服や靴が濡れてしまうと、最悪の場合ほかの服にも色が移ってしまうこともあるので厄介です。

そのようなときに役立つのが、水をはじく効果がある「撥水(はっすい)スプレー」です。撥水スプレーは雨をはじくだけでなく、他の様々な身近な場面で使えるので大変便利なアイテムです。

撥水スプレーの基本知識と正しい使い方をご紹介します。

撥水スプレーとは

撥水スプレーの効果

撥水スプレーは、スプレーした繊維や皮革に水をはじく効果を与えます。たとえば大切な靴や衣服、パンツ、バッグなどにあらかじめスプレーしておけば、急な雨や雪、水しぶきがかかっても水分を染み込まずにはじき、濡れたときの不快感を防ぐことができます。

また、フッ素系樹脂を使用した撥水・撥油スプレーは、水分だけではなく油性液体もはじくので、汚れがついてもお手入れ時に汚れが取れやすくなります。

撥水スプレーを使用すると、長期間大切な衣服や身の回り用品をきれいなまま保つことができます。

撥水スプレーと防水スプレーの違い

「撥水」とは、水を表面ではじく現象をいい、「防水」は中に水を通さないことを意味します。この呼び方はメーカーによって使い分けられているようです。

例えば、一部の革靴用防水・防汚スプレーは、「皮革表面での水をはじくこと」よりも、「革靴内部に水が浸透しないこと」を目的に開発されています。

撥水スプレーの種類

現在、市販されている撥水スプレー製品に使用されている撥水成分には、「フッ素系樹脂」と「シリコーン系樹脂」の2種類に大別されています。

両方とも水性汚れをはじくところは同じです。しかし「フッ素系樹脂」は油性汚れもはじきますが、「シリコーン系樹脂」ははじきません。スプレーする繊維製品、皮革製品の用途によって必要となる性能で使い分けると良いでしょう。

撥水スプレーに使用されている有機溶剤によってスプレー可能な対象物が変わるので、ご使用前に製品の注意事項をよく読んでからご使用ください。

撥水スプレーの使い方

靴にスプレーする場合

スプレーを使用するときは風通しのよい屋外で使いましょう。新聞紙を広げ、その上に靴を置いてスプレーすると後片付けが簡単ですよ。

まずは、靴が乾いていることを確かめ、ブラシや布で汚れを落とします。そして、目立たない部分で色落ち・変色の無いことを確かめてください。変化がなければ、15cm以上離して全体にスプレーしましょう。

皮革の場合、スプレー直後は撥水スプレーの有機溶剤で色が濃くなりますが、乾くと元に戻ります。製品裏面の指示に従って乾燥させてください。

スポーツウェアなどの衣服にスプレーする場合

スプレーは洗濯済みの乾いた衣服に使用します。洗濯タグなどで生地の素材を確かめ、目立たない部分で、変色・白化・色落ちがないことを確認しましょう。

必ず風通しの良い屋外で、15cm以上離してスプレーします。液ダレせずしっとり濡れる程度にムラなくスプレーしましょう。スプレー後は、金具やボタンなど繊維以外についたスプレー液を拭き取ってください。

終わったら製品裏面にある使用方法、注意事項に従って十分に乾燥させてから着用します。

また、スプレーした衣服を洗濯する場合は、洗濯後再度同じようにスプレーしましょう。

バッグや小物にスプレーする場合

バッグや小物の場合、スプレーする前にまずは汚れを落としましょう。その後、目立たない部分で、色落ち、変色などがないか確かめるようにします。

布製バッグはスプレー・乾燥中に型崩れを生じる場合があるため、中に新聞紙等を詰めてから使用してください。

クッションにスプレーする場合は、布地カバーを取り外してから布地カバーのみにスプレーしましょう。クッション材にスプレー液が浸透すると、乾燥させるのに長時間かかってしまいます。

スプレーする際は、かならず風通しの良い屋外で、15cm以上離して、液ダレせずしっとり濡れる程度にムラなくスプレーします。スプレー後は金具やボタンなど、繊維以外についたスプレー液を拭き取ってください。製品裏面にある使用方法や注意事項に従って十分に乾燥させてから使用しましょう。

撥水剤・撥水スプレーによって使用法が異なる場合があります。製品に使い方が記載されている場合はそちらに従うようにしてください。

アドバイス

撥水スプレーは使用前の衣類に使うとより効果的!

撥水スプレーは使用中の衣類や靴にもスプレーできますが、できれば衣類や靴を使い始める前にスプレーすることがおすすめです。例えば、「衣替えのシーズン」や「コートを出したとき」、「お洗濯の後」や「靴を買ったばかりのとき」などです。

擦れやすい部分には再度スプレーする

撥水剤は、繊維1本1本をコーティングしているため、繊維が擦れることによって撥水性能が低下します。たとえば、衣服では腕で擦れる腋から腹部、靴では屈曲する甲部分などは他の部位に比べて取れやすくなります。

そのため、これらの部分で性能の低下を感じた時や、洗濯・クリーニング後は再度スプレーするといいでしょう。

注意点

必ず屋外で使用する

スプレーは必ず屋外で使用し、スプレー噴霧の吸入は避けるようにしましょう。気分が悪くなった場合には、新鮮な空気のもとに移動するようにします。回復しない場合は医療機関を受診してください。

「公益財団法人日本中毒情報センター」に登録されている製品は、製品に記載されている中毒110番に連絡すると、医療スタッフがアドバイスをしてくれます。

火気の使用は厳禁

撥水スプレーは可燃性の有機溶剤が使用されているため、スプレー中、あるいはスプレーした対象物が乾燥するまで「たばこ」「ストーブ」「スパークする可能性がある電化製品」などの火気は遠ざけるようにしましょう。

化学繊維にはスプレーしすぎない

ポリエステル・ナイロンなどの化学繊維生地は、綿・ウールなどの天然繊維生地と比較して薄いため、一ヶ所に多量にスプレーしたり、液ダレするほどスプレーすると白化する場合があります。

ご使用になる前に、必ず製品に記載されている注意事項をよく読んでからご使用ください。

おわりに

水分や油性汚れをはじく撥水スプレーは、靴や衣服を雨や雪から守るだけではなく、お手入れの手間を軽くするのにも役立ちます。

長く大事に使いたい靴や衣服があるときには、この記事を参考にぜひ活用してみてください。

(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ