ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

運動会も部活もどんとこい!しつこい泥汚れをすっきり落とす方法

はじめに

衣類に付いてしまうと、普通の洗濯ではなかなか落としきれないのが「泥汚れ」です。特にあまり替えのきかない子供の体操着やユニフォームなどに付いた汚れは、できるだけ落としておきたいものです。

衣服に付いた泥汚れを落としたい方のために、しつこい泥汚れをすっきり落とすための方法をご紹介します。

泥汚れが落ちにくくなる原因

泥汚れは放っておくと、どんどん汚れが繊維の奥まで入り込んでしまうので、時間が経てば経つほど落ちにくくなります。

また、泥のついた衣類には汗や皮脂汚れも一緒についていることがあります。これらの汚れは時間が経つと変質し、黄ばみの原因となります。

泥汚れをきっちり落とすためには、早めの洗濯を心がけることが重要です。

泥汚れの洗濯には「前処理」が欠かせない!

頑固な泥汚れを落とすには、洗濯機で洗う前の「前処理」をすることが大切です。前処理とは、いつもの洗濯の前にあらかじめ繊維の奥に入り込んだ泥汚れを取り除いたり、落としやすくしたりする処理のことです。

石鹸の成分には不溶性の汚れを溶かし込む性質があるので、前処理をするときは、石鹸や石鹸成分の入った「プレケア剤」と呼ばれる洗剤を用います。

前処理に使用する洗剤は、石鹸成分の入っているものであれば、固形でも液体のプレケア剤でもどちらでもOKです。

前処理のやり方

STEP1:付着している泥や土を払う

まず、衣類に付いている泥や土を払って落とします。

STEP2:泥汚れの部分に石鹸を付けて洗う

衣類の泥や黒ずみのある部分に、石鹸やプレケア剤を直接付け、ブラシで軽くこするか、もみ洗いして落とします。

STEP3:洗濯機に入れて洗う

洗った衣類を軽くすすいで、他の衣類と一緒に洗濯機に入れて洗います。

洗濯板も活用できる!

前処理や部分洗いには、昔ながらの「洗濯板」も役に立ちます。

STEP1:洗面器に水を半分ほど入れて洗濯板をセットする

洗面器を用意し、半分くらいまで水を入れます。次に洗濯板の溝のカーブが下になるように洗面器の中に立てかけます。

洗濯板の溝は、洗濯液を溜める働きをしたり、洗っているときの衣類の滑り止めになる役割を果たします。

STEP2:板の上で汚れ部分に石鹸を塗る

前処理する衣類を洗濯板の上に広げ、石鹸やプレケア剤を汚れ部分に塗ります。

STEP3:洗濯板の上で衣類同士を擦りつけて汚れを押し出す

洗濯板の上に置いた衣類の上側を片手で押さえます。もう片方の手で下側を持ち上げ、洗濯板の上で衣類同士を押し付けるように擦りつけて、こびりついた汚れを押し出すように洗います。

板に直接衣類を押し付けてゴシゴシ擦るのはNGです。洗濯板と手で衣類を揉むような意識で行いましょう。

STEP4:水をかけながら洗濯板で洗う

洗面器の水を衣類にかけて、汚れを流しながら「STEP3」と同様に洗います。

STEP5:衣類を軽くすすいで洗濯機へ入れる

最後に洗面器の水で洗った衣類を軽くすすいで、洗濯機洗いをしましょう。

洗濯機で洗わない場合は、水道水で十分すすぎましょう。

注意点

前処理するときに、ブラシで強く擦ったり、洗濯板に強く衣類を押し付けて擦ったりすると繊維が傷んでしまう恐れがあるので、衣類を傷めないように丁寧に扱うようにしましょう。

おわりに

衣類の泥汚れは落ちにくくなる前に落とすことが大切です。汚れがこびりついてしまう前に前処理をして、いつまでもきれいな衣類を保ちましょう。

参考:LION快適生活研究所 http://kaiteki.lion.co.jp/

(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ