ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

スキー時の雪焼けに注意!冬の紫外線対策の基礎知識

はじめに

冬は夏に比べて日差しがそれほど強くないので、日焼け対策をあまりしていない方が多いのではないでしょうか。しかし、スキー場などでは雪がその光を反射し、あらゆる角度から多くの光が肌に到達してしまいます。

また、紫外線を浴びると皮膚は乾燥するので、空気が乾燥している冬は特に肌の水分が奪われがちになっています。冬でも紫外線対策をしないと、肌のシミや乾燥によるシワを引き起こす原因になってしまうのです。

ここでは、冬の紫外線と日焼け止めの使い方についてご説明します。

紫外線とは?

紫外線とは

紫外線(ultraviolet、UV)は、可視光線(目に見える光)や電波と同じような「電磁波」の一種であり、太陽光の一部として地上に届きます。肉眼で見ることはできませんが、浴び続けると皮膚や肌に悪影響を及ぼします。

地表に届く紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類があり、それぞれ違ったダメージを与えます。

UVAとUVB

UVAは地上の紫外線の約95%を占めています。肌の奥の真皮にまで到達し、肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンを破壊します。そのため、肌の弾力が弱まり、シワの原因になります。

また、メラノサイトを活性化させてメラミンを作ったり、すでにできているメラミンを酸化させて黒くする作用も及ぼします。UVAはガラスを通過するため、室内にいても注意する必要があります。

一方、UVBは表皮を中心にダメージを与え、肌に炎症を起こし、いわゆる赤い日焼けの原因になります。また、皮膚の角化のリズムを早めて肌荒れを起こしやすくします。UVAとは異なり、UVBはガラスを透過しないので、晴れた日の屋外にいるとき注意しましょう。

UVAによる黒い日焼けは「サンタン」、UVBによる赤い日焼けは「サンバーン」と呼ばれます。

紫外線の量

紫外線の量は季節によって変化するものの、一年中地上に降り注いでいます。UVA・UVBはともに9月ごろになると減少しますが、UVAは冬でも夏の半分程度の量が降り注いでいるので注意が必要です。

紫外線は反射する

紫外線は空から降り注ぐだけではなく、実は地面や空気中の粒子に反射します。そのため、日陰でも日向の半分程度の紫外線があるので要注意です。

また、地表面の状態でも反射する紫外線の量が変わります。アスファルトでは約10%、水面では約10~20%の紫外線が反射します。特に新雪では約80%もの紫外線が反射するので、スキーに行くときや雪が降ったときは紫外線対策が必須です。

紫外線から肌を守る!日焼け止めの上手な使い方

基本の使い方

日焼け止めは、朝のお手入れの最後に使用します。化粧水と乳液をつける場合は乳液の後に使います。塗るときは、製品に示されている使用量を目安に、十分な量をしっかりムラなく塗ります。特に日焼けしやすいところは念入りに塗りましょう。

  • 首から襟元
  • うなじ
  • 袖まわり

などは塗り忘れが多いので特に気を付けましょう。

ゲレンデでは、上からの紫外線よりも下からの紫外線が強いため、特に頬より下は丁寧に塗るようにしましょう。唇にも、UVカット効果のあるリップクリームを塗るのがポイントです。

上手に活用するポイント

たとえ汗や水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めでも、タオルや服でこすれると落ちてしまうことがあります。だいたい2~3時間ごとに、こまめに塗り直すことを心がけましょう。

また、日焼け止めとともに、紫外線防止効果のあるファンデーションを重ねるとさらに効果的です。

塗り直す前に、ティッシュやコットンなどで肌表面の汚れや汗をふき取るようにしましょう。
ゲレンデでは、レジャー用の日焼け止めを使用しましょう。

日焼け止めの落とし方

日焼け止めは汗や水で簡単に落ちないように作られているものが多いです。

顔の日焼け止めを落とすときは、普段使っている洗顔料をよく泡立て、丁寧に洗顔して落とします。体は、普段使っているボディウォッシュなどの洗浄料などを使って落とします。

中にはメイク落としが必要なものもあります。その場合はパッケージに記載されているので確認しましょう。

日焼け止め使用後のケア

日焼けと冬の空気の乾燥で、肌はかなり乾燥している状態です。洗顔後は、しっかりと保湿をしましょう。たっぷりと化粧水を使い、コットンパックやマスクなどで保湿します。

充分に肌を潤わせたら、乳液をしてふたをします。更に、保湿美容液や保湿クリームを塗ってケアをすると良いでしょう。

スキー場での紫外線対策のコツ

スキー場では、日焼け止めのみではしっかりとした紫外線対策にはなりません。肌の日焼けをもっとしっかり防ぎたいという人は「ゴーグル」「フェイスマスク」といったアイテムを使用しましょう。

ゴーグルがない場合はサングラス、フェイスマスクがない場合はバンダナでもOKです。なるべく肌を覆えるアイテムを活用してみてください。

特に、ゴーグルやサングラスは目の紫外線対策になりますので、しっかり準備をしていくと良いでしょう。

おわりに

冬でも肌は紫外線によるダメージを受けています。特に雪が降った日やスキーに出かけるときは念入りに対策をする必要があります。油断せずにしっかり紫外線ケアをして、一年中白い肌をキープしましょう。

(image by PAKUTASO)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ