ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

栄養満点!「カキ(牡蠣)」の栄養効果と上手な食べ方

はじめに

新鮮な生のカキ(牡蠣)やカキフライはとても美味しいですよね。カキのほとんどは内臓ですが、実はそこにはビタミン類などの豊富な栄養素がバランスよく含まれているのです。

そこでこの記事では、それぞれの栄養素の役割や上手な調理法をまとめてご説明します。

「カキ(牡蠣)」に含まれる栄養と効果

カキは、ビタミンB1・B2・B12などのビタミン類や、亜鉛・鉄などのミネラル、アミノ酸、タウリン、グリコーゲンなどを豊富に含んでいる食材です。これらは体にとって必要不可欠な栄養素で、不足すると以下のような症状が起こりやすくなります。

1.ビタミンB12・鉄

ビタミンB12・鉄が不足すると貧血慢性疲労になる恐れがあります。

2.亜鉛

亜鉛が不足すると味覚障害免疫力低下胎児の発育不全が起こりやすくなります。

3.グリコーゲン

グリコーゲンが不足すると運動能力やスタミナが低下しやすいです。

オススメの食べ方

新鮮なものであればで食べたり、網焼きにしたりできます。また、カキフライ鍋物カキ飯にしてもOKです。

栄養を効果的に摂取する調理法

ビタミン類やタウリンは熱に弱いため、効率よく摂取するためには生食がオススメです。

ビタミンB群は水溶性ビタミンのため、鍋物に使用する場合は雑炊などにして、ダシに溶け出した栄養素まで摂るようにしましょう。

亜鉛は、ビタミンCやクエン酸と一緒に摂ると、キレート作用により吸収されやすくなります。ビタミンCやクエン酸が多く含まれるレモン汁をかけて食べることをオススメします。

あわせると効果的な食材

1.レモン

生もしくは焼いて食べるときは、ぜひレモン汁をかけて食べましょう。

香りや有効成分が失われないだけでなく、レモンのビタミンCが鉄の吸収率を高めてくれます。

2.ほうれん草

カキの貧血防止効果を高めるために、鉄分、葉酸、マンガンなど、造血作用のあるほうれん草と一緒に食べることもおすすめです。

メニュー例:カキとほうれん草のグラタン

3.トマト

活性酸素を取り除く効果が高いトマトのリコピンと一緒に摂ることで、疲労回復美肌効果をさらに向上させることが期待できます。

メニュー例:カキのトマトリゾット

4.ブロッコリー

アレルギー体質の方は、αリノレン酸の多いブロッコリーと一緒に食べると、アレルギー症状を抑える効果を期待できますよ。

メニュー例:カキとイカとブロッコリーのオイスターソース炒め

食中毒・ノロウイルスについて

カキの内臓には食中毒の原因となる細菌やウイルスが付着していることがあります。十分に加熱しないで食べると感染する危険性があるので、注意が必要です。

昔から「花見過ぎたらカキ食うな」「英語でRのつかない月(5~8月)のカキは食べるな」などと言われますが、危険なのは実は春から夏にかけてだけではありません。冬はカキの活動が鈍るため、海水を排出する力が落ち、カキの中にウイルスの粒子が留まる可能性が高くなるのです。

また、生カキを食べてノロウイルスに感染したという事例もあります。実は生食用で販売されているものでもノロウイルス量の基準値が定められていないので、お店で販売されているものでも安心はできません。

ノロウイルスは熱に弱いため、中心温度が85℃になった状態で1分以上加熱してから食べるようにしましょう。

選ぶときのポイント

1.むき身の場合

貝柱が透明なもので、全体的に丸みがあり、形が潰れていないものを選びます。鮮度が良いものは、身の色が少し黄色みがかっています。

2.殻付きの場合

殻が全体的に丸い形で、厚みがあり、傷が少なく、口を閉じているものを選びます。

上手な保存方法

1.むき身の場合

購入してきた状態のままで冷蔵保存します。中に水分が一緒に入っているときは、その水分を捨てずに保存しましょう。保存期間は1~2日です。

2.殻付きの場合

殻を開いたりせず、そのままの状態で冷蔵庫に入れます。

乾燥に弱いので、キッチンペーパーなどに塩水を含ませて(びしょびしょ感がある程度)殻付きカキを包みます。それをボールなどに並べ入れ、ラップをかけてから冷蔵庫で保存してください。保存期間は2~3日です。

おわりに

栄養満点で美味しいカキは、ノロウイルスにかかってしまう恐れがあり、特に冬の時期はニュースにもなるほどです。加熱処理を行ったり、体調がすぐれないときは食べないなど、注意して食べるようにしましょう。

(記事作成協力:しばちゃん)
(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ