ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

ダイエットするなら!体脂肪を付きにくくする医薬品・サプリメントとその飲み方

はじめに

一度ついたら、なかなか取れない体脂肪。運動する時間がなかったり、できるだけ体に無理なく痩せたい時には、体脂肪をつきにくくする医薬品やサプリメントが役に立つこともあります。

この記事では、「体脂肪を付きにくくするオススメの医薬品・サプリメントとその飲み方」をご説明します。

ナイシトール(小林製薬)

概要

「ナイシトール」は、「防風通聖散」という漢方薬から作られたお薬で、体内に溜まった老廃物など余分なものを排出して、肥満症を改善します。

主に、

  • ダイオウ
  • カンゾウ
  • ボウフウ
  • トウキ
  • シャクヤク

など合計18種類の生薬が配合されており、それらが互いに作用を補いながら、じっくりとお腹の内側の脂肪に働きかけます。

また、からだの熱を冷ましたり、からだの水分循環を改善して便通を促す作用もあります。

体力があり太鼓腹の肥満タイプの方で、便秘がちの人に向く処方とされています。

飲み方(タイミング・頻度)

漢方薬は一般的に、薬が吸収されやすい食間に飲むのが良いとされます。「ナイシトール」も同様に、1回4錠を1日3回、食前(食事の30分前)または、食間(食後2時間後)に服用します。

「食間は飲み忘れやすい」という方は、例えば「起床後」「午後の一息タイム」「夕食後寝る前に」など、自分の生活習慣にうまく組み込むのがコツです。

飲み始めて便通が良くなるのが効き目のサインです。

効果を発揮しやすい空腹時に服用するのがポイントです。

和漢箋「防風通聖散」(ロート)

概要

防風通聖散は18種の生薬を組み合わせた漢方薬です。交感神経や脂質代謝経路に働きかけ、脂肪を分解・燃焼するとともに、体内に溜まった老廃物の排泄を促すことで、お腹周りの脂肪を落とし、肥満を改善します。

エキスが3000mgの「ロート防風通聖散錠」と、さらに多い3750mgの「新・ロート防風通聖散錠Z」の2種類があります。

飲み方(タイミング・頻度)

1.ロート防風通聖散錠(エキス3000㎎)

次の量を1日3回食前又は食間に、水又はお湯で飲みます。

  • 成人(15才以上)・・・1回3錠
  • 7才以上15才未満・・・1回2錠
  • 7才未満の方は服用しないでください。
「サプリや健康食品も気になるけど、しっかりとした効き目もほしい」「便秘がちで何とかしたい」「気になるぽっこりお腹を何とかしたい」という方にオススメです。

2.新・ロート防風通聖散錠Z(エキス3750㎎)

次の量を1日3回食前又は食間に、水又はお湯で飲みます。

  • 成人(15才以上)・・・1回3錠
  • 15才未満の方は服用しないでください。
「健康診断の結果にドキッとした」「肥満症の自覚があって将来が不安」「運動だけでは物足りない」という方にオススメです。
成分が乳汁に移行するため、いずれの製品も授乳中の方は服用しないか、服用する場合は授乳を避けてください。

扁鵲(へんせき・大鵬薬品)

概要

「扁鵲」は、新陳代謝を活発にすることにより、体内にたまった余分なものを体外に出す生薬製剤です。代謝を活発にして、脂肪を中心に体内の余分な「便」「水分」「血中の老廃物」等を体外に排出し、肥満症に効果を発揮します。

服用するときは、まずは1ヶ月を目安に飲み、効果があるかを確認しましょう。副作用として、皮膚に発疹・発赤やかゆみ、消化器に激しい腹痛を伴う下痢や便秘、吐き気、嘔吐、またむくみなどがありますが、これらの症状がなく、少しでも効果がみられる場合は、2~3ヶ月を目安に継続服用することをおすすめします。

臨床研究では8週間の服用で効果がみられているようです。

添加物を含有していないお薬です。

飲み方(タイミング・頻度)

食間に水又はお湯で1日3回服用します。食間の服用が難しい場合には、食前の服用でも構いません。

扁せきは粉状の製品です。服用の際は先に水を含んでおくと、口内に粉末が付かず、服用しやすくなります。

むせたりして服用しにくい場合は、オブラートに包んで飲みましょう。

キトサン・アフターダイエット(メタボリック)

概要

油分の多い食事をした後におすすめなのは、「キトサン・アフターダイエット」です。主成分には「キチンキトサン」という、カニやエビの殻から抽出された動物性の食物繊維が含まれています。

キトサン・アフターダイエットには、ダイエット時に不足しがちなカルシウムや鉄、ビタミンも加えられています。

携帯に便利な分包タイプで、特に外食の多い方に向いています。「つい食べ過ぎてしまった後に1袋を飲むだけ」のお手軽さで、発売してから10年になる人気のロングセラー商品です。

こちらは医薬品ではなくサプリメントです。

飲み方(タイミング・頻度)

栄養補助食品として1回1袋(6粒)程度1日1~2回を目安に水またはぬるま湯と一緒に、噛まずに服用します。

服用するタイミングはいつでも大丈夫ですが、キトサンの効果から食事と一緒に摂取するのが良いと言われています。

おわりに

運動したり食べ過ぎを防ぐなど、生活習慣を改善することが肥満防止への近道です。それに加えて、今回ご紹介した医薬品・サプリメントを上手に活用しながら、脂肪がつきにくい体を目指しましょう。ぜひ参考にしてみてください。

医薬品を服用の前には添付文書を確認し、用法用量を守って正しく利用してください。

(image by PAKUTASO)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ