ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

鼻水・くしゃみが止まらない!つらい鼻炎に対処する方法

はじめに

特に風邪をひいているわけでもないのに、鼻水が出たり鼻が詰まったりすることはありませんか?もしかしたらそれは「鼻炎」の一種かもしれません。

この記事では、鼻炎にまつわる様々な対処法をご紹介します。

鼻炎とは?

鼻炎とは、くしゃみや鼻水、鼻づまり等の症状を起こす「鼻の疾患」のことです。

ウイルスやアレルギーの原因物質(花粉やダニ、ホコリなど)などの異物が体内に入ると、体はこれらの物質を排除しようとします。この働きにより、鼻粘膜の知覚神経が刺激されてくしゃみが出ます。

このように、鼻粘膜が炎症を起こし、くしゃみや鼻水となるのが「鼻炎」の正体なのです。

鼻炎には、風邪の症状として現れる急性鼻炎と、アレルギーによって現れるアレルギー性鼻炎があります。

急性鼻炎の症状と効果的な薬

急性鼻炎の症状

急性鼻炎とは、風邪ウィルスが原因のいわゆる「鼻風邪」のことです。主な症状は

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 頭痛
  • せき
  • 微熱

などがあります。

急性鼻炎を和らげる薬

風邪ウィルスに効く特効薬は存在しないので、急性鼻炎は症状を和らげることで治療していきます。

風邪薬を選ぶときは、

  • 抗ヒスタミン作用
  • 抗コリン作用

などの成分が配合されているものを選びましょう。

特に鼻づまりがひどい場合は

  • ナファゾリン塩酸塩・オキシメタゾリン塩酸塩の点鼻薬
  • プソイドエフェドリンの内服薬

がオススメです。鼻粘膜の血管を収縮させ、鼻腔を広げて鼻の通りを良くします。

これらの薬は薬局で購入することができます。

アレルギー性鼻炎の症状と効果的な薬

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎とは、風邪をひいていないのに、くしゃみ・鼻水・鼻づまりを起こす鼻の疾患のことです。主な原因として花粉やハウスダスト(ダニ・ホコリ)、カビやペットの毛などが挙げられます。

具体的な症状は

  • 1日に何度もくしゃみが出る
  • 鼻の中がむずむすしたり痛くなる
  • 粘り気のない透明な鼻水がたくさん出る
  • 鼻の粘膜が腫れて鼻づまりが起こる

などです。

アレルギー性鼻炎を和らげる薬

  • 抗ヒスタミン剤

即効性があり、ひどいくしゃみや鼻水に効果を発揮します。ただし副作用として眠気が出てしまうこともあるので、車の運転前や機械を操作する前の服用は控えましょう。

抗ヒスタミン剤には、第一世代と第二世代のものがあり、第二世代の方は眠くなりにくいと言われています。
  • 抗アレルギー剤

くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効き、眠気を誘わないのが特徴です。しかし効きが少し遅く、約2週間後に効果が発揮されます。

現在多くの種類があり、経口薬以外にも、比較的症状が軽い人向けに点鼻薬もあります。

予防薬として使われることもあります。
  • ステロイド点鼻薬

鼻粘膜の浮腫を抑え、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果を示します。鼻内に噴霧するので、副作用もほとんど問題ないと言われています。

また、内服薬との併用も出来るため、花粉症の症状がひどい方は併用をオススメします。

  • 血管収縮点鼻薬

血管を収縮させ鼻づまりをなくす薬です。

ただし、長期間使用するとかえって鼻づまりがひどくなる場合があるので、使用は短期間に留めるようにしましょう。

鼻炎を防ぐための方法

花粉が原因の場合

花粉は、風が強く、晴天で空気が乾燥した日や、雨や雪の降った翌日で天気の良い日などに多く飛びます。

花粉症の場合は、なるべく外出しないことがベストですが、このような日に外出する場合は必ずメガネやマスクを着用しましょう。

帰宅時には、玄関先で服や髪の毛に付いた花粉を払い落とし、部屋に入るようにします。 帰宅後は、すぐにうがい・手洗いをすることを心がけることが大事です。

洗濯物や布団の取り込みは、花粉をよく落としてから部屋に入れるのが基本です。

ハウスダストは換気で対策!

冬は窓を閉め切って暖房をつけることが多いので、ダニやホコリが常に部屋の中を飛び回っている状態になります。そのため、ハウスダストによる鼻炎の症状が強く出ることがあります。

寒くても定期的に換気をして、部屋の空気を入れ換えすることが鼻炎の防止につながります。

冬場の空気の乾燥も症状を悪化させる要因となります。外出をする際にはマスクをするなどして鼻や喉の保湿を行いましょう。

たばこの煙を吸わないようにする

たばこの煙は鼻の粘膜を刺激するので、アレルギー性鼻炎を悪化させる原因になります。鼻炎持ちの人はなるべくたばこを控え、家族の方にも協力してもらいましょう。

ペットのシャンプーやブラッシングはこまめに

ペットの毛やフケはアレルギーの原因物質になります。自宅でペットを飼っている方は、部屋の掃除をこまめに行い、ペットのシャンプーやブラッシングも念入りに行うようにしましょう。

症状がひどい場合は、屋外で飼うことを検討する必要もあります。

睡眠不足・運動不足を防ぐことも重要

鼻炎の原因には、花粉やハウスダストといった外的要因以外にも、睡眠不足や運動不足からくる免疫力低下によって引き起こされることもあります。

生活習慣や食事の内容を改善することや、適度に運動することも鼻炎の改善につながるので、薬の使用と併せて意識してみましょう。

適度な運動は自律神経のバランスを整える効果があるのでオススメです。

おわりに

アレルギー性鼻炎は、生活様式や食事の内容、運動などによって症状が改善できる場合が多く、薬に頼らなくても予防することができます。鼻炎で悩んでいる方は、普段から少しずつ生活習慣を改善していくことを心がけて、上手に対処していきましょう。

(image by PAKUTASO)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ