ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

ケガの防止と応急処置に!「ふくらはぎ」の基本的なテーピングの巻き方

はじめに

ふくらはぎのトラブルとして多いのが肉離れですよね。この記事では、肉離れ防止・応急処置などにも適した、「ふくらはぎの肉離れのテーピングのやり方」をご説明します。

ふくらはぎに限らず、太ももの肉離れにも応用できるので、是非参考にしてください。

ふくらはぎにテーピングをするべきタイミング

ケガや痛みの予防的な観点から、「スポーツをする前」や「痛みが出る前」に貼ることをお勧めします。また、応急処置や再発防止としても使うことができます。

テーピングに必要なもの

キネシオロジーテープ

伸縮性のあるテーピング用テープの一種です。今回は50mm幅のテープを使用します。

ニチバンの「バトルウィン セラポアテープFX」やピップの「ピップキネシオロジーテープ(しっかり粘着・快適通気)」などがあります。

自着性バンデージ

包帯・サポーター・テーピングの3つの機能を兼ね備えた、スポーツ用自着性伸縮包帯です。テープ同士はくっつきますが、肌や髪の毛にはつきません。こちらも50mm幅のものを使用します。

ニチバンの「くっつくバンデージ」やピップの「くっつくテーピング」などがあります。

テーピングシザーズ

テーピングを切るために使う、テーピング専用のハサミです。フッ素コーティングなど、テープの粘着剤がハサミにつかないように工夫されています。

ピップの「テーピングはさみ」やニチバンの「バトルウィン テーピング・シザーズ」などがあります。

ふくらはぎの肉離れのテーピングのやり方

1本目

肉離れしている部位にキネシオロジーテープを貼ります。両端に2cmほど切れ目を入れておきましょう。

2本目

1本目の下部の辺りを通るように、左下の方から右斜め上に貼ります。

3本目

2本目とクロスさせて、右下から左上へ貼ります。

4本目

2本目と平行になるように、ふくらはぎの上部へ向かって貼ります。

5本目~1本目を覆うまで

2・3本目の貼り方を繰り返しましょう。ふくらはぎの上部へ向かって貼っていき、1本目のテープを覆っていきます。

仕上げ

バンデージで下部から上部に向かってグルグルと巻いていきます。

完了

全テープが隠れたら、ふくらはぎのテーピングは完了です!

注意点とアドバイス

テープの貼り方

キネシオロジーテープを貼る時は、テープの両端が当たる部分がかぶれやすいため、テープの最初と最後を1cmほど浮かせておきます。

そして、浮かせた部分を押さえるように、ゆっくりと貼ります。

はがれにくくするコツ

テープの角をハサミなどで丸くカットします。そうすることにより足に上手くフィットし、はがれにくくなります。

テープをはがす際の注意点

テープをはがす際は、体毛の流れに沿って優しくはがすようにしてください。

体毛の流れに逆らってはがすと、皮ふに刺激を与える恐れがありますのでご注意ください。

おわりに

受傷箇所を中心にクロスするように、テープを下から上、左右交互に圧迫しながら貼っていきましょう。

テーピングは怪我の予防、再発防止のみならず、運動パフォーマンスを上げるためにも役立ちます。貼り方も難しくありません。是非チャレンジしてみてくださいね。

(image by PAKUTASO)
(image by 著者)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ