ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

急な発熱に!赤ちゃんに冷却シートを使うときの基礎知識

はじめに

熱が出たとき、よくおでこに貼る冷却シート。ただ、赤ちゃんにも使って大丈夫か気にしている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、冷却シートを赤ちゃんに使用するときの基礎知識を紹介します。使用できる時期や使い方を知って、赤ちゃんも気持ちよく過ごせるように使っていきましょう。

赤ちゃんと冷却シートについて

赤ちゃんに冷却シートは使えるの?

基本的には使用できます。しかし、生まれたての赤ちゃんは肌のバリア機能が十分に育っていないので、生後6ヶ月頃を目安に使用していきましょう。

どのような冷却シートを使用するといいの?

2歳までの子供の場合は、赤ちゃん用の冷却シートを選びましょう。

大人や子供用の製品では、サイズが大きく、赤ちゃんの肌には負担になるメントールや香料・着色料を使用している可能性が高いです。

赤ちゃん用の冷却シートには、苦味成分を配合し、赤ちゃんの誤飲を防ぐように作られているものもあります。

赤ちゃんへの冷却シートの使い方

貼り方

透明フィルムをはがし、髪の毛や衣類がシートにつかないように注意しながら、冷やしたい部分にぴたっと貼ります。

赤ちゃんが汗をかいている場合は、貼り付きやすくするために、汗を拭き取ってから貼るようにしてください。

タイミング

発熱で熱が上がるとき、寒気がとれ、手足が暖かくなったり、顔がほてってきます。体調の不良による不機嫌も落ち着いてきますので、嫌がらなければこのタイミング使用すると良いでしょう。

冷却シートに解熱効果はないので、発熱が続く場合は医師に相談してください。

効果的な箇所

発熱時に額を冷やすと気持ちよく感じ、発熱のつらさが和らぐので、額に貼るのが良いでしょう。

また、皮膚の近くに太い動脈が通っている首筋や脇の下、太ももの付け根などに貼るのもおすすめです。

冷却シートは赤ちゃんが発熱時にひんやり感を感じて快適に過ごすための製品です。身体に貼ったときに赤ちゃんが驚いて嫌がる場合は使用は避けましょう。

注意点

冷却シートが剥がれてしまい、誤って口と鼻が塞がって呼吸ができなくなる場合もあります。お子さまに使用する時は目を離さないようにしましょう。

特に、自力でシートを剥がすことができない赤ちゃんに使うときは注意が必要です。保護者が見ていることが出来ない場合は、冷却シートの使用は控えてください。

また、汗をかいている場合は、必ず拭いてから使用してください。貼り直しも繰り返すと貼りつきが悪くなるので、なるべく避けてください。

おわりに

赤ちゃんに冷却シートを使う方法やポイント、注意点を紹介しました。

夏場の熱中症対策にも便利なアイテムですので、注意すべきことや、正しい使い方を心がけたうえで、上手に赤ちゃんに使ってあげましょう。

(image by PAKUTASO)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ