ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

しもやけ・あかぎれを潤す!ハンドクリームでケアする方法

はじめに

秋の終わりから春先などの冬場に見られる「しもやけ」や「あかぎれ」。腫れてしまったり、裂けてしまったりした患部は目を背けたくなります。特に指先にできてしまうと、痛くてとても水仕事なんてできませんよね。

こちらの記事では、「しもやけ」や「あかぎれ」をハンドクリームでケアする方法をご紹介します。

しもやけ・あかぎれとは?

1.しもやけの症状

「しもやけ」は、手足の指や甲、耳などからだの末端部が赤くはれ、寒い時には痛み、温かい時にはかゆみを伴います。冷えやすい人や冷え症、血行の悪くなりやすい人などがなりやすいです。

しもやけは血行障害の一種と考えられています。冬の時期に発症しやすく、特に子供や女性に多く見られる傾向があります。

2.あかぎれの症状

指の腹や手の平、足の裏などの皮膚の表面が、乾燥して亀裂ができた状態を「ひび」といい、水などの刺激で染みて痛みを感じます。

亀裂(裂け目)が深く、赤く腫れたり出血を伴うことがあるものを「あかぎれ」といいます。「あかぎれ」は、水仕事などの刺激が無くとも痛みを感じることがあります。

「ひび」や「あかぎれ」は、季節性は少なく年間を通して見られる症状ですが、夏に症状が軽くなり、冬に悪化する傾向があります。

3.しもやけ・あかぎれの原因

「しもやけ」は乾燥した冷気に繰り返しさらされたり、手足が濡れて温度が下がったりすることで、身体の血行が悪くなって発症します。

「あかぎれ」の原因は多数ありますが、「しもやけ」が原因であることが多いようです。気温が下がると皮脂や汗の分泌が低下し、皮膚の表面から水分が失われ乾燥しやすくなります。

そのようなときに手を洗うなどして、皮膚に水分(湿気)が残った状態のまま放っておくと、皮膚表面の体温が奪われ血流が悪くなり赤くはれる「しもやけ」になります。

これを繰り返すと皮膚がただれ、「しもやけ」ができた部分に刺激が加わり、「あかぎれ」を起こすと考えられています。

「しもやけ」は、真冬の気温が5℃以下の時や、1日の温度差が大きい季節の変わり目の時期も発症しやすいです。

ハンドクリームでのケア方法

1.「あかぎれ」にはワセリンやグリセリンが配合されたものを使う

「あかぎれ」のケアには、保湿作用や皮膚軟化作用のあるワセリンやグリセリンの配合された軟膏やクリームが用いられます。

ワセリンは皮膚を保護する作用に優れ、皮膚への刺激性も低いので、かさかさした乾燥面、ジュクジュクした湿潤面いずれにも使用することができます。また、グリセリンは、皮膚軟化作用、被覆保護作用、湿潤作用があります。

ワセリンは保湿作用を持つため、出かける前や手を洗った後などに使うと良いですよ。

2.「しもやけ」にはビタミンEやトウガラシチンキが含まれているものを使用

「しもやけ」のケアには、ビタミンEやトウガラシチンキなど血行を促進する成分を配合した軟膏やクリームが用いられます。

トウガラシチンキは局所の温感刺激作用により、血管を拡張し血行改善作用があります。また、ビタミンE(一般にトコフェロール酢酸エステル、トコフェロールなどと表示される)も手足の指先の末梢血管を拡張する作用があるため、患部の血液循環をよくします。

トウガラシチンキは温める作用を持つため、出かける前や手足の冷えが酷い時に使うと良いです。

3.ハンドクリームを塗る時にマッサージをする

ハンドクリームで保湿をするとともに、血行や血液循環をよくするためにハンドマッサージを行いましょう。

「しもやけ」や「あかぎれ」は、低温と乾燥が主な原因です。水仕事や手を洗った後は、水気が残らないように丁寧に拭きましょう。

注意点・アドバイス

1.普段から手足を温める

しもやけやあかぎれになりやすい人は、普段から手足を温めることを意識しましょう。

寒い時期の外出時やハンドクリームを塗った後は、手袋や靴下、耳あてなどで手足を冷やさないように心がけましょう。入浴の際はしっかりと手足の先まで温めるようにしましょう。

手は絶えず水や洗剤と接触するため、一時良くなってもまた悪化することが多いです。水仕事の時は、できるだけ冷水を避け、手袋をして直接水や洗剤が触れないようにしましょう。

2.絆創膏などで保護する時は貼りっぱなしにしない

ハンドクリーム塗布後に絆創膏などで上から保護する場合、温感刺激が強くなることがあります。トウガラシチンキが含有されているハンドクリームを使う場合は、入浴30分前から1時間前に絆創膏を剥がすようにしましょう。

3.ただれや傷がひどい場合はそれらが落ち着いてから使用する

トウガラシチンキを配合しているものは、ただれやひびがひどい場合、患部に沁みて痛みやかゆみなどが出ることがあります。患部の状態が落ち着いてから使用しましょう。

4.皮膚の弱い人は使用前に皮膚に合っているか確かめる

皮膚の弱い人は、使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に塗ってみて、発疹・発赤、かゆみ等の症状が起きないことを確かめてから使用しましょう。

患部に症状が現れるのは個人差があります。少し時間がたってから確認することをおススメします。

おわり

「冬だから仕方がない」と諦めずに、美しい手や肌を維持するように正しくしっかりケアしましょう。ケアのポイントは、血行促進と保湿です。

また、香りタイプのハンドクリームは保湿効果だけでなく、持続する香りで疲れた心と身体を潤してくれます。ローズ系の香りは気持ちが安らぎますし、シトラス系の香りは気分をリセット出来ます。ベリー系の香りは、心がときめくといった効果が期待できますよ。

ハンドクリームを使用して、ネイルやおしゃれが楽しくなる艶やかな手を目指しましょう。

医薬品を使用の前には添付文書を確認し、用法用量を守って正しく利用してください。

(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ