ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

場所別徹底解説!新年に向けてお風呂・洗面所まわりをキレイにする方法

はじめに

洗濯槽、お風呂、洗面台まわりは、すぐ汚れてしまったり、頑固なカビが生えてしまったりと、水場の掃除はとても骨が折れる作業ですよね。ただ、放っておくとさらに汚れがひどくなりがちな場所なので、年末の大掃除ではしっかり掃除したいところです。

ここでは、新年に向けて洗濯槽・お風呂・洗面所まわりをキレイにする掃除方法をご説明いたします。

洗濯槽の掃除方法

必要な道具

  • 洗濯槽用洗浄剤

掃除のタイミング

「洗濯した衣類に黒い汚れがついている」「洗濯槽の中が、なんだかカビ臭い」と感じるときは、洗濯槽内のカビや水アカ汚れが原因かもしれません。

全自動洗濯機の洗濯槽の中は湿気があり、カビが発生しやすい環境です。衣類に汚れがついたり、洗濯槽の中がカビ臭くなったりする前に、定期的に掃除を行いましょう。

洗濯槽の掃除手順

まずは、高水位までぬるま湯か水をはります。

そこへ洗濯槽用洗浄剤を適量入れます。洗浄剤を溶かすため、2~3分ほど洗濯機をまわします。

その状態で約2時間ほど放置し、その後に標準コースで洗濯機を回します。使用後も槽内に汚れが残る場合は、さらに1~2回標準コースですすぎます。

また、汚れがひどく1回の使用で取りきれない場合は、洗濯槽用洗浄剤をもう一度入れて掃除します。

洗浄中は、衣類を入れないようにしましょう。
洗濯機を放置している間にお風呂の掃除にとりかかれば、時間を有効活用できます。

お風呂(浴槽・壁・床・ドア)の掃除方法

必要な道具

  • 浴室用洗剤
  • クレンザー
  • 還元系漂白剤
  • 風呂掃除スポンジ

掃除のタイミング

ザラザラとした汚れの正体は、皮脂汚れ・石けんカスがミックスした湯垢です。この汚れは、お湯を抜いた後、乾かないうちに掃除をすると簡単に落とせます。

浴槽の掃除手順

まずは、シャワーなどのぬるま湯で浴槽全体を濡らし、そこへ浴室用洗剤をスプレーします。とくに、汚れのつきやすい喫水線(水面が浴槽と接する部分)と、底の角の部分に重点的にスプレーします。

30秒ほどおいてから水で洗い流します。きれいに落ちない汚れは風呂掃除スポンジでこすり洗いをします。

浴室にこもったニオイが気になる方は、消臭タイプの浴室用洗剤もあるので、そちらを使用すると良いです。

木の浴槽の掃除手順

基本的には、水洗いのみで大丈夫です。

ときどき漂白剤の入ったクレンザーで洗うと、黒ずみやぬめりを防ぐのに効果的です。

ステンレス浴槽の掃除手順

基本的には上記の浴槽の清掃手順と同じです。

加えて、ステンレスの浴槽には、茶色いシミが排水口まわりにできることがあります。これは浴槽についていた水滴の中の鉄分が酸化したものです。

この茶色のシミは、還元系漂白剤を60~70℃のお湯でペースト状に溶かし、シミにぬって、しばらくおいてから水で流すときれいにとれます。

ステンレスの温度が低いと漂白剤の効果が弱まるので、あらかじめ熱めのお湯をかけて、温めておくのがポイントです。

お風呂の壁・床の掃除手順

浴室用洗剤を壁・床にシュッとスプレーし、軽くこすれば、汚れがキレイに落ちます。汚れを残さないようにすると、カビも予防できます。

壁や床には、気づかないうちにボディシャンプーの泡やシャンプー、リンスなどが飛び散っているものです。また、リンスやトリートメントに含まれる髪の保護成分は、石けんカスといっしょになると、落ちにくい汚れになってしまいます。

放っておくと、ヌルヌルする上にカビの原因にもなるので、浴槽を洗うときに一緒に掃除する習慣をつけましょう。

お風呂のドアの掃除手順

ドアの汚れは、浴室用洗剤をかけて、スポンジで軽くこすります。

模様ガラスやくもりガラスの場合は、溝に汚れが入っているので、スプレーしたあとに古い歯ブラシなどでこすります。

入浴後にドアのガラスについた石けんやシャンプーの泡をシャワーなどで洗い流すようにすると、汚れがたまりにくくなります。

お風呂(排水口まわり)の掃除方法

必要な道具

  • 古い歯ブラシ
  • 排水パイプ用洗浄剤
  • カビとり用洗浄剤
  • ゴム手袋
  • マスク
  • 眼鏡

掃除のタイミング

髪の毛や石けんカスが溜まりがちなのが排水口です。ヌルヌルしていてバイ菌の巣になりやすく、黒ずみも気になりますよね。

髪の毛などで排水パイプもつまりやすくなりますので、1~2週間に1度を目安に掃除しましょう。

排水口の掃除手順

目皿を外して、髪の毛などのゴミを取ります。

次にカビとり用洗浄剤を排水口にスプレーします。5分ほど置いてから、シャワーでよく洗い流します。

目皿やトラップなどの掃除手順

目皿やトラップの素材に合わせて方法を変えましょう。

プラスチックのものは、カビとり用洗浄剤をスプレーし、数分放置した後に洗い流すだけです。

金属のものは、浴室用洗剤をスプレーし軽くこすります。細かなところは、古い歯ブラシを使うと便利です。

排水パイプの掃除手順

排水口をキレイにしたら、排水パイプも掃除しておくと、つまり・ニオイ対策もできます。

目皿やステップの毛髪などのゴミを取り除きます。そして、排水パイプ用洗浄剤を直接排水パイプに注ぎます。

こすらずに15~30分放置した後に、十分に水で流します。また、長時間放置しないようにします。

お風呂(小物)の掃除方法

必要な道具

  • 浴室用洗剤
  • 排水パイプ用洗浄剤
  • カビとり用洗浄剤
  • 塩素系漂白剤
  • ゴム手袋
  • マスク
  • 眼鏡
  • 古い歯ブラシ
  • 風呂掃除スポンジ

掃除のタイミング

プラスチックのシャンプー棚や洗面器、イスに白くこびりついているのは、石けん成分と水の中のカルシウムが結びついた「石けんカス」です。

放っておくとガンコな汚れになってしまうので、汚れに気づいたタイミングで早めに掃除をしましょう。

シャンプー棚・洗面器・イスの汚れなどの掃除手順

軽い汚れは、浴室用洗剤でスプレーし、しばらくおいてから流すだけです。汚れが落ちにくい時はスプレーし、風呂掃除スポンジで軽く洗い流します。

木製の湯おけやイスはカビやすいので、使った後によく水気を切って、乾かすようにします。出来れば日光に当てましょう。黒いヌルヌル汚れはクレンザーを使って落とします。その後、木の浴槽と同じように、水でよく洗い流せばOKです。

また、黒いカビ汚れになってしまった場合は、カビとり用洗浄剤でカビとりをしましょう。

ポリウレタンのスポンジを使うと変色するおそれがあります。

浴槽のフタ・シャワーカーテン・シャワーホースの黒ずみの掃除手順

シャワーカーテンやシャワーホースの場合、目線より上にあるカビには直接スプレーしないで、柄つきのスポンジや雑巾などに、カビとり用洗浄剤をつけてぬります。しばらくおいたら、水拭きをします。

また、シャワーカーテンの全体的な汚れが気になる場合は、取り外して塩素系漂白剤をシミ抜き用の濃度にうすめ、漂白します。

その後、水洗いして陰干しにすれば、汚れもスッキリして見違えるほどきれいになります。

漂白の際、金具部分に液がかからないように注意しましょう。

お風呂のカビの掃除方法

必要な道具

  • 浴室用洗剤
  • カビとり用洗浄剤
  • ゴム手袋
  • マスク
  • 眼鏡
  • 古い歯ブラシ

掃除のタイミング

日頃、掃除のすることの少ない天井ですが、月1回などを目安に行いましょう。

お風呂のタイルの目地の掃除手順

掃除をする前に、換気をします。

10cmくらい離れたところから、カビにカビとり用洗浄剤をスプレーします。その状態で数分おき、最後に十分に水で流します。

また、目線より高いところへ直接スプレーすると、液が目に入ったり、身体についたりして危険です。その際は、柄つきのスポンジや雑巾に、カビとり用洗浄剤をスプレーして、カビの部分にぬります。

その後、5~10分おいてから、十分に水拭きしてください。

カビとり洗浄剤はカビの上を汚れが覆っていたり壁が濡れていたりすると効果が出にくくなります。掃除後の乾いた状態で使うと効果的です。

お風呂のドアのゴムパッキンの掃除手順

ゴムパッキンが黒くなっていたら、それはカビです。

カビとり洗浄剤を黒くなっている部分にスプレーします。その後、数分おいて、水で洗い流せばOKです。

しつこいカビは、30分くらいおくと効果的です。カビは時間がたつとどんどん落ちにくくなるので、気づいたら掃除しましょう。

日頃のカビ予防

湿気を防ぐ

余分な湿気がでないように、家族一人ひとりの入浴後は、必ず浴槽にフタをします。これは省エネにもなります。

みんなが入浴し終わったら、窓を開けたり、換気扇をまわしたりして、浴室内の湿気をできるだけ早く追い出しましょう。

冷水をかける

入浴後、「夜遅くなったから、お掃除は明日...」なんてことはよくあります。

そんなときは、まず、壁や床にお湯をかけて汚れをとります。次に水をかけて温度を下げておくと、カビの発生がかなり防げます。

浴室用洗剤の中にはカビ発生を防ぐものもありますので、そちらを使うのも良いでしょう。

洗面所まわりの掃除方法

必要な道具

  • 浴室用洗剤
  • リビング用洗剤
  • ガラス用洗剤
  • 排水パイプ用洗浄剤(塩素系)
  • お掃除ワイパー
  • 布や雑巾
  • 古い歯ブラシ

掃除のタイミング

顔や手をきれいにするところが汚れていては、気分も良くないですよね。

週に1~2回を目安に掃除をしましょう。

洗面ボウルや蛇口の掃除手順

洗面ボウル内の汚れのほとんどは、石けんカスです。

浴室用洗剤をスプレーしたあと、2~3分おきます。その後、スポンジで軽くこすると汚れがスッキリ落ちます。

また、汚れを落とした後に乾拭きするとピカピカになります。

天然大理石の洗面台はシミになることがあるので、浴室用洗剤は使わないようにしましょう。
浴室用洗剤は、蛇口まわりや水栓金具などに付いた水垢汚れにも効果的です。また、古い歯ブラシは細かい部分の汚れを落とすのに重宝します。

排水パイプの掃除手順

まず、トラップにたまった毛髪などを取り除きます。取り除いた後、排水パイプ用洗浄剤(塩素系)をボトルから直接排水パイプに注ぎます。

その後、こすらずに15~30分おき、十分に水で流します。また、長時間放置しないようにします。

収納棚・鏡の掃除手順

収納棚などの樹脂部分は、リビング用洗剤をスプレーした布でふくと、汚れがスッキリ落ちます。除菌効果もあるので、清潔にできて一石二鳥です。

鏡はガラス用洗剤をスプレーして、すぐにかわいた布でふきましょう。

洗面所床の掃除手順

洗面所の床は、髪の毛やホコリが気になるところです。気づいたときに、お掃除ワイパーなどで、サッとお掃除します。

リビング用洗剤を布にスプレーして拭くか、お掃除ワイパーにお掃除シート(ウェットタイプ)をつけて拭けば、汚れ対策もOKです。

注意点

「まぜるな危険」の表示があるものは単独で使う

カビとり用洗浄剤・排水パイプ用洗浄剤などに「まぜるな危険」表示のあるものは、必ず単独でお使いください。

洗剤はゴム手袋・マスク・眼鏡を着用して使う

カビとり用洗浄剤など強力な洗剤を使うときは、ゴム手袋・マスク・眼鏡を必ず着用してください。

排水パイプ用洗浄剤にはブラシを使わない

排水パイプ用洗浄剤を使用するときにブラシを使ってしまうと、しぶきが飛ぶことがあるので、ブラシは使用しないようにします。

おわりに

身体をキレイにする場所が汚れていたら、それだけでげんなりしてしまいますよね。毎日のちょっとした気遣いが、清潔に保つコツでもあります。

普段のちょっとした掃除を習慣づけて、年末の大掃除の負担を軽くするのも良い方法です。ぜひ参考にしてみてください。

(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ