ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

膀胱炎を治療・予防するための漢方薬の選び方

はじめに

膀胱炎は、細菌感染などにより膀胱に炎症が起こり、蓄尿や排尿に支障が出てしまう病気です。

かかってしまうとつらい膀胱炎ですが、治療には漢方薬が役立つ場合があります。ここでは、膀胱炎の治療や予防におすすめな漢方薬の選び方をご紹介いたします。

膀胱炎の原因と症状

膀胱炎の原因

膀胱炎は、尿意の我慢や性行為などによる細菌感染や、冷えや疲労などの免疫力の低下で起こります。

細菌感染のうち80%は大腸菌が原因だといわれています。

膀胱炎の症状

膀胱炎の主な症状は以下の通りです。

  • 何度もトイレに行きたくなる(1日10回以上)
  • 排尿時に痛みがある
  • 残尿感
  • 尿が白くにごる、もしくは血が混じる

膀胱炎を放置すると、激しい痛みや高熱になる腎盂腎炎(じんうじんえん)になってしまう恐れがあるため、早めの処置が必要です。

腎盂腎炎は、炎症が腎臓にまでおよび、悪寒・震えを伴う発熱、腰痛、混濁尿などの症状を呈する病気です。

夏に膀胱炎が多いのはなぜ?

夏に長時間冷房の部屋で過ごすと、体を冷やし免疫機能を弱めます。さらに、夏は汗をかくことが多く尿量が少なくなりがちです。

尿は膀胱へ侵入する細菌をからだの外に排出する役割も果すため、尿量が少ないことや尿意の我慢は、細菌に感染しやすい環境を作ることになります。

よって、尿量が少ない夏は膀胱炎が起こりやすいのです。

漢方薬で膀胱炎を治療することの利点

漢方薬はOTC薬で膀胱炎治療薬として使われる唯一の薬です。膀胱炎を繰り返す人にも効果的です。

OTC薬は薬局・ドラッグストアなどで販売されている医薬品のことです。

膀胱炎の症状が出ているときの漢方薬の選び方

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

膀胱炎の症状が出ていて、排尿痛が酷い場合は、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)がおすすめです。炎症を抑える作用が強く、排尿を促すことで菌の排出を促します。

猪苓湯(ちょれいとう)

膀胱炎の症状が出ていて、頻尿・残尿感がある場合は、猪苓湯(ちょれいとう)がおすすめです。排尿を促すことで、菌を体の外に排出します。また膀胱粘膜を保護します。

この処方は急性期用です。長期服用は控えてください。

膀胱炎を予防するときの漢方薬の選び方

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

膀胱炎の症状がなく普段疲れやすい人は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)がおすすめです。胃腸の働きを助け、体に抵抗力をつけます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

膀胱炎の症状がなく、冷え性で貧血気味の人は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)がおすすめです。余分な水分を排出し、からだが冷えるのを防ぎます。

4~5日服用しても症状が変わらないときは、医師の診察を受けることをおすすめします。

膀胱炎にならないために気を付けること

漢方薬の服用以外にも、

  • 外陰部を清潔に保つ
  • トイレを我慢しない
  • 水分を多く取る
  • ストレスをためない
  • 体を冷やさない
  • 十分な睡眠をとる

などのことを心がけて、日常生活から膀胱炎を予防することも大切です。

おわりに

いかがでしたか?

膀胱炎になるだけで、日常生活が憂鬱になりますよね。膀胱炎を防ぐには普段から水分をしっかりとることが大切です。軽めの膀胱炎であれば、水分を多く取っていれば自然治癒することもあります。しかし、症状が酷くなるといけませんので、必要に応じて漢方薬でケアしてくださいね。

医薬品を服用の前には添付文書を確認し、用法用量を守って正しく利用してください。

(image by 足成)
(image by 著者)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ