ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

まず覚えよう!アイロンの正しい掛け方

はじめに

毎日会社に着ていくワイシャツやブラウス。洗濯が済んでもシワだらけ...では格好がつきませんよね。アイロンがけをしてビシッと身だしなみを気遣う事が、社会人としての常識でもあるかと思います。

意外と正しいアイロンがけの方法を知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?こちらの記事では、覚えておきたいアイロンの正しいかけ方をご紹介します。

アイロンがけに必要な道具

必要な道具

  • アイロン
  • アイロン台
  • あて布
  • アイロン用シワとり剤
  • アイロン用のり剤

あると便利な道具

  • バスタオル・・・肩やウエストなどの仕上げに丸めて使う
  • 仕上げ馬・・・ブラウスのそでなどに使う小さなアイロン台
  • アイロン用ミトン・・・鍋つかみのような手袋で、服の裏からあててアイロンをかける

アイロンの基本的な使い方

温度の選び方

衣類のタグに記載されている温度表示を守りましょう。温度を守らずにアイロンがけをしてしまうと、温度が高すぎる場合はこげつきや溶けてテカるおそれがあり、低すぎる場合はシワが伸びないので注意しましょう。

「スチーム」と「ドライ」の使い分け

アイロンの「スチーム」設定は便利ですが、衣類によっては、水分が十分でない場合もあります。「スチーム」と「ドライ」を上手に使いわけて下さい。

スチームにする場合

  • 毛織物などのシワをのばしたいとき
  • ズボンに折り目をつけたいとき
  • セーターの形を整えたいとき
  • 薄手の綿製品をキレイに仕上げたいとき

ドライにする場合

  • アイロン用仕上げ剤・のり剤や、霧吹きを使うとき(とくに綿・麻など、十分な水分が必要なもの)
  • 絹などの薄物に生乾きでアイロンをかけるとき
  • 合成繊維にかけるとき

アイロンがけの基本動作

基本動作

まずアイロンがけの基本の動作をチェックしましょう。

1:アイロン台に衣類を広げ、しっかり整える

アイロン台にアイロンをあてる衣類を広げておきます。通常の洗濯物を干すときよりもやや強めにしわを伸ばし、アイロン台と衣類が密着するようにおく(間に空気が入らないようにする)と、アイロンで新たなシワを定着さえてしまうなどの失敗を防ぐことができます。

しわが伸びているとキレイな印象を与える部分・細かい部分から順番にかけるのがポイントです。例えばYシャツであれば、エリ→肩→袖口→袖→ごろ(胴体部分)にかけるとよいでしょう。

2:アイロンは大きくゆっくり動かすように

アイロンは大きくゆっくり動かすと、新たなシワを作りにくく、仕上がりがキレイになります。元々アイロン自体に重さがあるので、力を入れずに大きくゆっくり滑らせるように動かすとよいでしょう。

3: 両手を上手に使い、布目に合わせてまっすぐ動かす

アイロンを持っている手の方に注目しがちですが、じつはもう片方の手の動かし方が大事です。空いている方の手で、アイロンをかける面をやや引っ張って伸ばしながら、アイロンをかけるとキレイにシワが伸びます。

効率よくアイロンがけをするためのポイント

洗濯時のポイント1:洗濯ネットに入れる

ネットに入れて洗うと、衣類の摩擦や型くずれが防げて、洗たくジワも少なくなります。アイロンをかけるとき、楽になります。

洗濯時のポイント2:柔軟仕上げ剤を使う

柔軟剤を使うと、洗たくジワが少なくなり、アイロンのすべりもよくなります。

洗濯時のポイント3:脱水時間は短めに

脱水後はすぐに取り出し、たたいてシワをのばし、縫い目部分を引っ張ってのばします。これでアイロンがけがグッとラクになります。

アイロンがけのポイント1:たくさんの衣料をかけるときは、低い温度のものから順にかける

温度表示が異なる衣類をアイロンがけする際は、設定温度の低いものから順にアイロンがけしましょう。

誤って低温表示の素材に高温でかけることを防げます。

アイロンがけのポイント2:熱や湿気が残っているうちにたたまない

アイロンをかけた直後は熱や湿気が残っています。シワの原因になるので、しばらくハンガーなどにかけて乾かしてからしまいます。

アイロンがけのポイント3:汚れた衣料にアイロンをかけない

アイロンがけの前に汚れやホコリはきちんととっておくこと。布地をアイロン台にしっかりなじませ、一度にかけようとしないことがきれいに仕上げるコツです!

おわりに

正しいアイロンのかけ方を覚えて、ワイシャツ・ブラウスをかっこ良く着こなして下さい。

(image by 足成)
(image by 著者)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ