ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

長距離ドライブや船酔いに!酔い止め薬の正しい使い方

はじめに

夏休みということもあり、旅行や行楽地に出かける方も多いと思います。しかし、移動手段として車や飛行機、船を利用する機会も増え、乗り物酔いにかかりやすい方には不安ですよね。

そこで今回は、市販で出されている酔い止めの種類別の効能効果や注意点、乗り物酔い予防策をご紹介します。

酔い止め1:抗ヒスタミン薬

製品の特徴

嘔吐は脳から放出されるヒスタミンという物質が、嘔吐中枢を刺激することによって起こります。抗ヒスタミン薬はヒスタミンの作用を抑制するため、吐き気や嘔吐を防ぐ効果が期待できます。

服用のタイミング

症状が出てからの服用でも問題ありませんが、乗り物に乗る30分~1時間前に服用するのが効果的です。

オススメの商品

  • アネロン ニスキャップ 6カプセル(エスエス製薬)
  • トラベルミン(エーザイ)
  • センパア(大正製薬)

注意点

乗り物酔いのほとんどに抗ヒスタミン薬が含まれています。副作用として眠気や喉が渇くといった症状が出ることがあるようです。

緑内障・前立腺肥大のある人は服用することが出来ません。

酔い止め2:副交感神経遮断薬

製品の特徴

乗り物に乗って身体が不安定な状態になると、空間における自己の位置・方向・姿勢などの正しい認識が乱れ、不快さを感じます。そうすると自律神経が刺激されて、働きが乱れてしまいます。

自律神経は、胃や心臓の働きや発汗を制御しているため、自律神経が乱れることで胃の不快感などの症状が表れるのです。

副交感神経遮断薬は、自律神経の興奮を抑える作用があり、胃の不快感といった症状を抑える効果が期待できます。

服用のタイミング

症状が出てからの服用でも問題ありませんが、乗り物に乗る30分~1時間前に服用するのが効果的です。

オススメの商品

  • トラベルファミリー(エーザイ)
  • アネロンニスキャップ(エスエス製薬)
  • センパア(大正製薬)
  • パンシロントラベルNOW(ロート製薬)

注意点

副作用としてのどが渇くといった症状が出ることがあります。

緑内障・前立腺肥大のある人は服用することが出来ません。

酔い止め3:局所麻酔薬

製品の特徴

アミノ安息香酸エチルのような局所麻酔成分は、胃粘膜への麻酔作用によって嘔吐刺激を和らげ、乗り物酔いの吐き気を抑える効果が期待できます。

服用のタイミング

症状が出てからの服用でも問題ありませんが、乗り物に乗る30分~1時間前に服用するのが効果的です。

オススメ商品

  • アネロンニスキャップ(エスエス製薬)

注意点

局所麻酔薬アミノ安息香酸エチルが配合されている製品は、乳幼児ではメトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、6歳未満の子どもへの使用は避ける必要があります。

酔い止め4:中枢神経興奮薬

製品の特徴

中枢神経に働き、脳の混乱を抑えて、乗り物酔いの予防をします。

服用のタイミング

症状が出てからの服用でも問題ありませんが、乗り物に乗る30分~1時間前に服用するのが効果的です。

オススメの商品

  • アネロン ニスキャップ(エスエス製薬)
  • トラベルミンR(エーザイ)
  • トラベルミン(エーザイ)

薬を服用しない乗り物酔い対策10

どうしても薬を服用したくないという方は、以下のような対策をしてみてください。

  • 乗り物に乗る前日は、十分に睡眠をとる
  • 乗車前の暴飲暴食は避ける
  • 空腹のまま乗車しない
  • 柑橘系は消化が悪く、吐きやすくなるため食べない
  • 乗車前や乗車中はアルコールを飲まない
  • 体を締め付ける衣類は着ない
  • 乗車中に本を読んだり、ゲームをするなど、視線を落とさない
  • 車内の換気をする
  • 後ろ向きに座らない
  • 音楽を聞いて気を紛らわす

おわりに

吐き気がある時は、我慢せずに吐いたほうが楽になります。酔いやすい人は紙袋の中にビニール袋を入れたものを事前に準備しておきましょう。

吐いた後はできるだけ早く乗り物から降り、うがいをして安静にすることも、吐き気を残さないために大切です。

医薬品を服用の前には添付文書を確認し、用法容量を守って正しく利用してください。

(image by PAKUTASO)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ