ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

あせもや虫刺されが悪化!「とびひ」の基礎知識と対処方法

はじめに

「とびひ」は、あせも・虫さされをかき壊して傷口から感染するケースが多く、汗をかきやすく、細菌も繁殖しやすい夏に多くみられます。

今回は夏に気を付けたい「とびひ」とはどんなものなのか、どう対処したらいいのかをご紹介したいと思います。

最近では、暖房器具の普及により冬場にも見られることがあります。

「とびひ」とは?

「とびひ」とは、正式病名を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といい、特定の細菌による皮膚の感染症のことをいいます。

接触により感染し、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がることから転じて「とびひ」と言われます。

あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、転んでできた傷に二次感染を起してとびひになります。

ま鼻孔の入り口にはさまざまな細菌が常在しているため、幼児・小児で鼻をほじるくせがあると、鼻の周囲からとびひが始まったりします。また、その手であせもや虫刺されなどをいじることでとびひになってしまうこともあります。

「とびひ」の種類と症状

「とびひ」は大きく2種類に分けられます。一つは水ぶくれができて、ペロッと皮がむける「びらん」をつくることが多い「水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)」。

もう一つは、炎症が強く、かさぶたが厚くついた「痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)」です。

水疱性膿痂疹

かき壊した「びらん」の周りに小さな水ぶくれができて、さらにその周りが赤くなってきます。水ぶくれの中は初めは透明ですが、次第に膿疱化(水ぶくれの中に膿が入っている状態)します。

水ぶくれや膿疱は、簡単に破れて「びらん」を作ります。水ぶくれの中身やびらん面からしみ出てくる液によって、その周囲へと増えて、広がっていきます。

痂皮性膿痂疹

赤く腫れた所に、小さな膿疱・びらんを生じ、さらに厚いかさぶたができます。炎症が強く、ズキズキした痛みを伴います。また、発熱、リンパ節の腫れ、時によっては喉の痛みなどの全身症状が出ることもあります。

重症になると、菌が産生する毒素によって猩紅熱のように全身が真っ赤になってしまう場合があります。

「とびひ」ができる原因

水疱性膿痂疹ができる原因

水疱性膿痂疹は、黄色ブドウ球菌が原因で、この菌が産生する表皮剥脱毒素という毒素が皮膚を侵すことによって起きます。

乳幼児・小児がかかりやすく、特に初夏から真夏に多く発症します。虫さされやあせも、擦り傷の部位をひっかいて、感染を起こすことが多いです。

痂皮性膿痂疹ができる原因

痂皮性膿痂疹は、原因菌はA群β溶血性連鎖球菌です。痂皮性膿痂疹はアトピー性皮膚炎などに合併することが多く、かなり急速に発症します。

顔面を中心にみられることが多いため、カポジ水痘様発疹症に似た症状になる場合もあります。また、季節はあまり関係なく、小児より成人に多くみられます。

「とびひ」の対処法

「とびひ」を放っておくと、かきむしって症状が広がる可能性や感染の危険性があるので、早期の治療が大切です。

お家でできる治療法

特に夏場は入浴し、皮膚を清潔にしましょう。浸出液などが周囲に接触しないように患部に軟膏を塗ったり、ガーゼで保護したりすることも大切です。

また、手洗いを習慣化し、爪を短く切って、皮膚を傷つけないように注意しましょう。

医師に処方された薬は、指示された期間、最後まできちんと使いましょう。症状が少し良くなったからといって、勝手に薬の使用をやめると、症状がまたあらわれる可能性があります。

治療する際の注意点

家ではシャワーなどで患部をきれいに洗い、常に清潔に保つことが重要です。また、浸出液などが周囲に接触しないように患部に軟膏を塗ったり、ガーゼで保護したりしましょう。

おわりに

「とびひ」という名前の通り、正しい処置をしなければどんどん症状が広がってしまいます。適切な対処法を覚えておけばいざという時に安心ですよ。

医薬品を使用の前には添付文書を確認し、用法用量を守って正しく利用してください。

(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ