ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

変な臭いは危険信号?蓄膿症・副鼻腔炎の主な症状と対処方法

はじめに

風邪が治ったのに鼻詰まりが続く、息苦しいほど鼻がつまる、鼻をかんでもかみきれない、どろっとした鼻水がでる、嫌なニオイがする、頭が重い感じがする、頭や目の下・鼻の周りが痛い、そんな症状にお悩みではありませんか?

この症状が当てはまったら、それは蓄膿症、副鼻腔炎かもしれません。この記事では、そんな蓄膿症や副鼻腔炎の主な症状と対処方法をご紹介します。

蓄膿症・副鼻腔炎とは?

蓄膿症とは、膿が副鼻腔内に溜まることが原因で、鼻づまりや、鼻腔から嫌なニオイがするなどの不快な症状が起こる病気です。

風邪・花粉・カビなどにより、鼻腔が炎症しその症状が長引くと、鼻の奥にある副鼻腔に炎症を起こします。

さらに、副鼻腔の炎症が続くと炎症部分に膿が発生し、この状態が長引くと慢性副鼻腔炎、いわゆるちくのう症が起きます。

蓄膿症・副鼻腔炎の原因

風邪

風邪によって鼻の粘膜が炎症を起こし、炎症が副鼻腔にまで広がってしまい蓄膿症を起こすことがあります。

鼻水や鼻づまりなどの症状を繰り返したり、長引かせてしまうことで、副鼻腔にも炎症が起こりやすくなります。

また、風邪のウイルスが副鼻腔内に侵入し、炎症を起こすこともあります。

花粉などのアレルギー症状

上記の風邪と同じように、鼻の奥の副鼻腔にまで炎症が達することで蓄膿症を起こします。アレルギー症状は繰り返すことが多いので、副鼻腔の炎症も起こりやすくなります。

花粉だけでなく、ダニやハウスダスト、ペットなどのアレルギーも同様です。

鼻の形

鼻の真ん中を通り、左右を分けている仕切りのような「鼻中隔」というものがあります。こどもの頃はまっすぐですが、成長するにつれて左右のどちらかに曲がってしまうことも多いそうです。

この鼻中隔がどちらかに極端に曲がっていると、片方の鼻の通りが悪くなり、鼻水が排出しにくく、副鼻腔内にも炎症が起きやすくなります。

その他にも、「歯の炎症」「極端な偏食」「大気汚染」「ストレス」なども原因として考えられています。

蓄膿症・副鼻腔炎の症状

鼻苦しくなる

副鼻腔に起きた炎症が長引いて慢性化すると、鼻茸(はなたけ)という病状がみられ、鼻腔を塞いだ酷い鼻づまりに発展し、鼻苦しい、息がしづらいといった症状が起きます。

鼻をかんでもかみきれない

膿がたまり副鼻腔の粘膜が腫れてしまうと、鼻腔へ通じる穴が塞がり強い鼻づまりを感じることがあります。そのような状態になると、鼻をかんでも、なかなかかみきれない、という事が起きます。

ドロッとした黄色い鼻水が出る

通常、風邪やアレルギー性鼻炎の鼻水は、透明で粘り気も少ないですが、蓄膿症になると、粘度のある黄色の鼻水になります。さらに症状が進むと、緑色の鼻水になる場合もあります。

頭の痛みや重さを感じる

頭がもやもやする、集中できずボーッとしてしまう、思考力が落ちるといった、勉強や仕事などの日常生活に影響を及ぼす症状もあるようです。

鼻汁がノドの方に垂れて、ネバネバする

鼻汁がノドの方に垂れて、ネバネバするという症状は、「後鼻漏(こうびろう)」と言います。気持ち悪かったり、声が上手く出せなかったり、咳がでて夜眠れないという場合もあるそうです。

顔面、歯や目、鼻の周りが痛くなる

蓄膿症が原因で、時には「頭が重くだるい」「目や鼻の周りが痛い」といった症状が起こることもあるようです。これは、副鼻腔内にたまった膿が、顔を圧迫することで起こります。人によっては、虫歯でもないのに歯が痛む、という事もあるそうです。

嫌な臭いを感じる

鼻腔内の鼻水が臭うことがあります。それによって自分を臭いと感じたり、口臭を気にする人もいるようです。

蓄膿症・副鼻腔炎の対処方法

鼻うがいをする

鼻うがいは、鼻の粘膜に付着した雑菌や花粉を物理的に洗い流すことができる、簡単かつ有効な方法です。鼻の中を洗浄することによって、粘膜保護を促すこともできます。

一般薬品を使用する

初期症状には、点鼻薬やカプセルや錠剤などで鼻水や鼻づまりを緩和する一般薬品の鼻炎薬も有効です。また、生薬の力で膿をおさえることで、蓄膿症を治す漢方薬もあります。

耳鼻科で診察を受ける

上記の一般薬品で対処して、効果があることもありますが、蓄膿症と思う症状がでたら、できるだけ耳鼻科で診察を受けるようにしましょう。

膿を吸引したり、鼻の中に薬を吹き付ける処置がされます。今では、薬を霧状にして、鼻の奥の副鼻腔まで届くように吸入するネプライザー治療も一般的になっています。

また、抗生物質などの飲み薬が処方されることもありますので、一度病院で治療を受けてみましょう。

注意点

鼻水を吸い込まない

鼻水は、鼻や喉に付いた病原菌を殺菌して洗い流すためのものです。体が排出したものを、鼻をすするなどで体内に戻すことは、良くはありません。鼻水は吸い込まないようにし、鼻をかんで体外に排出するようにしましょう。

予防のアドバイス

蓄膿症は、風邪や鼻炎を悪化させないようにすることが大切です。気になる季節はマスクでウイルスや花粉を入れないようにし、予防に有効的な鼻うがいも心がけるようにしましょう。

また、鼻には空気と一緒に侵入してきた異物を鼻水と一緒に排出する機能があります。

しかし、偏食などで栄養が不足していたり、疲れやストレスがたまっていると、免疫力が落ちて、雑菌などの異物が排出されずに、鼻の内部にとどまってしまい、蓄膿症の原因になることもあります。

普段からバランスのとれた食事や、ストレスをためない生活を送り、適度に運動もして健康的な体づくりを心がけましょう。

おわりに

蓄膿症、副鼻腔炎の症状や原因について紹介しました。

少しでも心配な方は、ただの鼻づまりだと油断しないでこちらの記事で症状を確認して、耳鼻科で治療しましょう。

医薬品を使用の前には添付文書を確認し、用法用量を守って正しく利用してください。

(image by PAKUTASO)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ