ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

毛穴づまりを防ぐ食べ物とは?

はじめに

肌のお手入れがおろそかになると目立ってしまう毛穴の黒ずみ。特に夏場は、気温や湿度が上昇し、皮脂が過剰に分泌されるために、いつも以上に目立ってしまいます。

しかし、食事に気をつければ、毛穴詰まりを改善できるかもしれませんよ。毛穴詰まりの原因である皮脂分泌を抑制してくれる食材を効果的に摂取して、キュッとした毛穴を手に入れましょう!

毛穴づまりはなぜ起こる?

過剰な皮脂分泌

過剰な皮脂により、脂づまりを起こしてしまうことがあります。皮脂分泌が過剰だと、脂や汚れが毛穴の中に残り、固まってしまうのです。

Tゾーンによく見られ、べたつき、黒ずみの原因になります。また、毛穴に詰まったままの皮脂はニキビの原因にもなります。

新陳代謝の衰え

正常な肌の新陳代謝が行われていない場合も、毛穴づまりを引き起こす可能性があります。角質が毛穴をふさぎ、本来自然に剥がれ落ちるはずの古い角質が残ったままの状態になり、毛穴をふさいでしまうのです。

さらに、古くなった角質と皮脂が混ざり合うと、その刺激でますます毛穴が広がってしまいます。

毛穴づまりは「食事」から改善できる!

冒頭でもお話したとおり、毛穴づまりの原因である皮脂分泌は食事によって抑えることが可能です。皮脂分泌を抑制することで、毛穴をキレイに保つことができますし、お肌の弾力を取り戻すことができれば、毛穴を目立ちにくくしてくれます。

また、肌の生まれ変わりである新陳代謝がきちんと行われるようになれば、毛穴づまりを防ぐだけでなく、透明感のある更にキレイな肌を手に入れられるはずです。

逆に、糖質や脂質の多い食事は、皮脂分泌を促進してしまいます。アルコールや刺激物もあまり良くないので、摂取はほどほどにしましょう。
以下、食事で毛穴づまりを防止するためのポイントをご紹介します。

ポイント1:皮脂分泌を抑制する栄養素を摂取する

毛穴づまりを防ぐためには、皮脂の分泌を抑えることが有効です。そのために、日頃から皮脂分泌を抑制してくれるような栄養素を取り入れましょう。

皮脂分泌を抑制してくれる代表的な栄養素は、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCです。

栄養素の最適な食材

ビタミンB2が多く含まれる食品としては、納豆豚肉牛肉サバ卵黄などが挙げられます。

ビタミンB6が多く含まれる食品としては、にんにくいわし豆腐などが挙げられます。

ビタミンCが多く含まれる食品としては、イチゴアセロラキウイブロッコリーピーマンジャガイモなどが挙げられます。

摂取を控えたほうがいい食品

食品の中には皮脂分泌を促進させてしまうものもあります。糖質脂質の多い食事や、刺激物やアルコールの過剰摂取には気をつけましょう。

ポイント2:コラーゲンを摂取する

お肌が乾燥しすぎてしまうと、皮脂分泌が過剰になる原因になります。しかし、水分が肌に充分保持された弾力のある肌を取り戻せば、毛穴は目立たなくなりますよ。なので、乾燥から肌を守り、弾力のある肌を目指しましょう。

肌の弾力には、コラーゲンが有効です。コラーゲンが少なくなってしまうと、保持できる水分量が減り、保湿効果が落ちてしまうため、乾燥しやすくなってしまうのです。

栄養素の摂取に最適な食材

コラーゲンは、鶏肉や魚などたんぱく質の多い食品に多く含まれいます。

また、トマトに含まれるリコピンと相性が良いので、一緒に摂取することがオススメです。トマトジュースやトマト缶などを活用すると、より効果を期待出来ます。

紫外線にはお肌のコラーゲンを破壊してしまう働きがあるので、紫外線を浴びる前後には、コラーゲンやリコピンの補給を心がけましょう。

ポイント3:新陳代謝を促す栄養素を摂取する

お肌の新陳代謝が正常に行われないと、毛穴につまった皮脂がどんどん黒くなり、毛穴づまりが目立つ状態になってしまいます。肌の新陳代謝を正常に保ち、透明感のある肌をゲットしましょう。

新陳代謝を促す代表的な栄養素としては、ビタミンEアスタキサンチンなどが挙げられます。

栄養素の摂取に最適な食材

ビタミンEが多く含まれる食品としては、ナッツ類アボカドカボチャなどが挙げられます。

アスタキサンチンが多く含まれる食品としては、イクラカニエビなどが挙げられます。

摂取を控えたほうがいい食品

脂っぽい食事や野菜が足りない食事では、新陳代謝を正常にすることが難しいです。野菜などから不足しがちなビタミンも取り入れ、バランスの良い食事を心がけましょう。

おわりに

1日2日ですぐに効果が現れるものではありませんが、1周間ほど試してみれば、個人差こそあれ効果が実感できるはずです!三日坊主にならないように頑張りましょうね。

(情報提供:管理栄養士O)
(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ