ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

加齢臭や体臭に!体臭を防ぐ食べ物とは?

はじめに

体臭は自分では気づきにくいものですが、エチケットとして日頃から気を付けたいですよね。特に汗をかきやすい夏は気になるという方が多いのではないでしょうか?

実はこの汗による臭い、食事を改善することで抑えることができるのです!今回は、体臭を防ぐために知っておきたい食事の基礎知識についてご紹介します。

汗はなぜ臭う?原因と予防策

臭いの発生源は「アポクリン腺」

汗が出てくる汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類があります。

「エクリン腺」はほぼ全身に分布していて、暑い時や運動した時にかくサラサラとした汗を分泌します。そのほとんどが水分です。

一方、「アポクリン腺」は主に脇などにあり、ベタベタとした汗を分泌します。この汗には、水分の他に、タンパク質や脂質など独特の匂いのもとになりやすい成分を含んでいます。

汗が臭っているわけではない

実は汗自体に臭いは無く、皮膚にいる雑菌(皮膚常在菌)が体臭という不快な臭いを生成していいます。この雑菌は高温多湿の環境下で繁殖する菌で、汗がたくさん出てジメジメしているところ、特に脇、股、足などに発生しやすいのです。

食事に気をつければ「臭い」は防げる!

体臭は食事に気を付けることでも抑えることができます。アポクリン腺から分泌されるタンパク質や脂質を少なくするために、摂取量を減らせばいいのです。

動物性タンパク質・脂質が多い洋食の食事より、和食の方がオススメです。

体臭を引き起こす食べ物

肉類

タンパク質の消化にはエネルギーをたくさん使います。その分体温が上がり、汗をかきやすくします。汗に含まれたタンパク質や脂質を皮膚常在菌が分解することで、ニオイが発生します。

にんにく

にんにくを切るとアリシンという物質がつくられます。これが口臭の原因になったり、体内に取り込まれて胃で消化され、それが血液中に取り込まれて皮膚からも排出されるため、体臭の原因になります。

動物性脂肪(チーズ、牛乳など)

大腸まで届いたタンパク質が腐敗し、ニオイ成分を作り出します。さらに、腸内の悪玉菌などによって分解され、アンモニアが作り出られることでニオイの原因になります。

辛い食べ物

辛い物を食べると汗が出やすくなり、その汗と雑菌が混ざり合いニオイの原因になります。

リノール酸が含まれる油(サラダ油、植物油)

リノール酸は血中のコレステロールや中性脂肪を増加させ、体内で「過酸化脂質」になり、様々なニオイ物質をつくりやすくします。

アルコール

アルコールが体内で分解されるとアセトアルデヒドという成分になり、それが血液の中を通って肺や汗腺に送られ、そこからニオイが出てきます。

また、アルコールは口の中も乾燥させてしまうので、唾液が出なくなり口臭の原因にもなります。

体臭を抑える食べ物

抗酸化食品

ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、カテキン、ポリフェノールなどが多く含まれる緑黄色野菜や緑茶などを積極的に摂りましょう。タンパク質や脂質の酸化を抑制し、酸化臭を防ぎます。

アルカリ食品

お酢や梅干し、海藻類などは体内での乳酸などの産生を抑えて、ニオイを抑制します。疲労回復効果も期待できます。

腸内環境を整える食品

食物繊維やオリゴ糖を摂ることで、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らします。腸内で悪臭成分の産生を抑制し、ニオイ物質を便とともに体外に排出します。

「動物性タンパク質」由来の体臭を抑えるには?

タンパク質は、分解されるとアンモニアや硫化水素など、ニオイの強い物質を産生します。食べるタンパク質の量が多ければ多いほど、ニオイ物質は多くつくられます。

野菜が苦手または嫌いな方で、肉類や乳製品などタンパク質を中心に食べることが多い方に発生しやすい体臭です。

予防・対処法

メインのおかず(主菜)は 1食1皿までにし、野菜のおかず(副菜)を2皿以上食べるようにしましょう。食物繊維が豊富な野菜や海藻(もずく酢やめかぶ)がおすすめです。

また、タンパク質の代謝にはビタミンB6が必要です。マグロやカツオ、レバー、ニンニク、きな粉、ごま、大豆などに含まれているので、タンパク質を摂る時は、できれば一緒に摂取しましょう。

肉類や乳製品の摂取を控えましょう。特に洋食にはこれらの動物性タンパク質が多く含まれていますので、注意しましょう。

気を付けたい「便秘」由来の体臭の予防法

野菜など食物繊維が少ない食事をされている方や腸内環境が悪い方は、便秘の危険性があります。また、あまり水分を摂らない方も便秘になりやすいです。

便秘になって腸内に不要物がたまってしまうと、それから悪臭のガスが放出されて血液中に入り、汗と一緒に体外に出てきます。

便秘体質の方や腸内環境が悪化している方に発生しやすいです。また、偏食をしている方や小食の方も便秘になりやすいので注意しましょう。

予防・対処法

乳酸菌などの善玉菌や善玉菌のエサになるオリゴ糖、食物繊維をたくさん摂り、腸内をきれいにしましょう。

乳酸菌はヨーグルトやチーズ、味噌、塩麹などに多く含まれています。オリゴ糖はごぼう、玉?ぎ、大豆などにたくさん含まれています。

水溶性食物繊維は野菜や芋類、豆類に多く、エシャロット、ごぼう、納豆、バナナ、切り干し大根、さつまいもなどがおすすめです。

不溶性食物繊維は豆類やキノコ類に多く、インゲン豆、おから、まいたけ、エリンギ、乾燥プルーンなどがおすすめです。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があり、「水溶性食物繊維」は、人体に有害な物質の吸収を妨げ、便として排出させます。「不溶性食物繊維」は水分を含んでカサを増し、腸を刺激して便の排泄を促進します。

おわりに

体臭は自分では中々気づきにくいものです。エチケットとして、日頃から気をつけるべく食生活の見直しをしてみてくださいね。

(情報提供:管理栄養士S)
(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ