ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

蚊を避けよう!虫よけ製品の選び方と使い方

はじめに

夏になると虫がたくさん出てきて、虫さされも気になる季節ですよね。

そこで今回は、虫よけ製品の特徴と使い方を紹介します。最近は、従来の体に吹き付けるタイプ以外にも、置型やシールタイプなど様々な製品が出ています。それぞれ特徴があるので、用途に沿った製品を選びましょう。

1:「体に塗る(スプレーする)タイプ」

商品概要

体に塗る(スプレーする)タイプの中には「エアゾールタイプ」「ミストタイプ」「ロールオンタイプ」「ジェルタイプ」「ティッシュタイプ」など色々なタイプがあります。いずれも、体に直接虫よけ成分を塗ることで、蚊が近寄るのを防ぎます。

直接体につけるタイプは、有効成分がDEET(ディート)含有の医薬品(濃度12%)と医薬部外品(10%以下)のものがあります。

種類

  • エアゾールタイプ」は最も多く使われているタイプです。楽にまんべんなくスプレーすることができるのが特徴です。
  • ミストタイプ」はノンガスのミストタイプで、ふんわり無駄なくスプレーすることができます。
  • ロールオンタイプ」はスポンジヘッドで直接防ぎたい場所に塗ることができます。また、手が汚れないという特徴があります。
  • ジェルタイプ」は直接手で塗るので、ムラなく細かな所に塗るのにも適しています。
  • ティッシュタイプ」は子どもにも塗りやすい低刺激タイプが多いです。

製品としては、エアゾールタイプが最も多いですが、携帯に便利な小型ミストタイプや子どもにも使いやすい低刺激ジェルタイプなどが発売されており、良く売れているようです。

また、「ロールオンタイプ」「ジェルタイプ」「ティッシュタイプ」は吸い込む心配がないというメリットもあります。

効果の持続期間

効果は半日程度持続するものが多いですが、汗などを多くかくと流れてしまう事もあります。

塗り残しがあるとそこを狙って刺されるので、スプレータイプの場合は、噴霧後、手で塗り広げるとさらに効果的です。

適用害虫

  • 医薬部外品:蚊、ブユ(ブヨ)、サシバエ、アブ、ナンキンムシ、ノミ、イエダニ
  • 医薬品:医薬部外品の害虫に加えて、ツツガムシにも効果示すものもある

適用範囲

スプレーを吹き付けた箇所・塗った箇所に虫よけ効果があります。

この使い方がオススメ!

一般的なお出かけ時以外にも、アウトドアやガーデニング、ゴルフなど、外で蚊取り殺虫剤が使えない時に活躍します。剤型以外にも無香タイプやクールタイプなどもあるので、その日の行動に併せて使い分けるのがおすすめです。

また、虫は塗り残した隙間を狙って吸血しますので、塗り残しがないようにまんべんなく塗るのが効果的です。

オススメ商品

「サラテクト 虫よけスプレー 無香料」はエアゾールタイプの虫よけスプレーです。小さい丸い粒子で、さらさらの優しいつけ心地が特徴です。

「ムヒ 虫よけムシペールα」、「ムヒ 虫よけムシペールPS」は、DEETを12%配合した医薬品で、蚊だけでなく「ツツガムシ」にも効果があります。高濃度なので、効果と持続性に優れています。

注意点

医薬部外品の虫よけには用法容量が定められています。適量を4~6時間の間隔をおき、使用してください。

子どもにも使用できますが、6ヶ月以上 2歳未満は1日1回、2歳以上12歳未満は1日1回~3回が目安です。

2:「身につけるタイプ」

商品概要

防除用医薬部外品の、身に着けて蚊を防ぐタイプの商品です。腕や足首につける腕時計型のタイプとベルト等に引っ掛けるタイプ、シールタイプ、リングタイプなどがあります。腕時計型や引っ掛けるタイプは、電池でファンを回し、虫よけ成分を拡散させます。

種類

  • 腕時計型タイプ」はコンパクトサイズで邪魔になりません。
  • 引っ掛けるタイプ」は大型ですが、虫よけ効果が高く、ベビーカー等に引っ掛けて使う方も増えています。
  • シールタイプ」服の上に貼るだけで虫よけ効果が現れます。

効果の持続期間

このタイプの商品は、一日6時間使用が一般的です。電池式の場合は一日6時間で約20日~30日使えるものが多いです。

適用害虫

防除用医薬部外品タイプは蚊をよせつけない効果があり、雑品に分類されるものはユスリカ・チョウバエなどの忌避に効果があるそうです。

適用範囲

電池式タイプなら、スイッチのオン・オフで使いたい時に使えます。効果は着けた人、一人分の範囲です。

この使い方がオススメ!

「シールタイプ」は、洋服や帽子に貼ったりと、お散歩などのちょっとした外出などにベビーカーに貼って使用するなどの使い方がおすすめです。

「腕時計タイプ」や「引っ掛けるタイプ」は、小型なので外出時の携帯に便利です。腕やベルトにつけるだけではなく、ベビーカーに引っ掛けたりといろいろな使い方が出来ます。

オススメ商品

「おそとでノーマットV130 ブラック」は防除用医薬品なので蚊に良く効きます。また、「どこでもベープNo.1 未来」は従来に比べ、携帯用電池式5個分の効力があります。

3:「置くタイプの虫よけ」

商品概要

置くタイプの虫よけ剤は玄関などに置いておくだけで、虫よけ成分が広がります。「ビーズタイプ」「リキッドタイプ」「濃縮オイルタイプ」などがあります。

虫よけ成分を配合しているだけでなく、芳香成分を配合しているものがほとんどです。芳香剤の役割もあり、ひと夏効果が持続するものも出ておりよく売れているようです。

効果の持続期間

パッケージを開けた瞬間から効果が発揮されます。

持続期間は、商品により60日用から200日用まで様々です。リキッドやビーズなど、中身が見えるので、無くなったら取替えの合図です。

適用害虫

ユスリカ・チョウバエなど

適用範囲

玄関や窓際など、部分部分で使う商品で、香りが広がっている範囲に効果があります。

この使い方がオススメ!

虫が入ってくる玄関や窓際などに置いておくと、虫の侵入を減らす事ができます。香り付きの商品が多いので、室内での使用がおすすめです。

オススメ商品

「天然ハーブの虫よけパール 120 日用」は、ひと夏使える120日タイプです。天然の虫よけ成分のほか、天然消臭成分、芳香成分も配合しているので玄関などの使用におすすめです。

4:「吊るタイプの虫よけ」

商品概要

吊るタイプの虫よけは、ベランダや窓際に吊るすだけで虫の侵入を減らす事ができます。

100日用~240日用まで様々な日数が発売されており、最近では玄関用や網戸用など、使用場所に併せた商品が多く発売されています。

ベランダや窓際まわり、物干し竿、玄関のドアノブなどいろいろなところに引っ掛けて使うことができます。外に吊りっぱなしで使用する事がほとんどで、120日用~240日用のひと夏に効果が持続するものがよく売れています。

効果の持続期間

パッケージを開けた瞬間から効果が発揮されます。

持続期間は、商品により90日用から240日用まで様々あります。お取替えサインがついているものや、日付を記入する目安シールがついているので、それを目安に取替えましょう。

適用害虫

ユスリカ・チョウバエなど

適用範囲

吊るタイプは12畳~14畳に一個の目安の商品が多いです。網戸タイプは一般的な(90cm×190cm)までの網戸に1個が目安です。

この使い方がオススメ!

フックがついているので、色々なところに引っ掛けることが出来ます。また、雨にぬれても効果はありますので、軒下・ベランダ・物干し竿や玄関先の他、庭の植木周りや犬小屋などのペット周りにもおすすめです。

オススメ商品

「バポナ虫よけネットW 120日用」は、ひと夏使える120日タイプです。トランスフルトリンとエムペントリンのWの薬剤で速く長く効きます。

選ぶときの注意点

厚労省からの通達により、DEET含有の虫よけ剤は、使用上の注意において、年齢による使用回数が決まっています。添付文書やスプレー容器の使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。

特に、DEET含有の虫よけ剤は、6か月未満の乳児には使用できませんので、ご注意ください。

1:むやみな使用を避け、年齢に合わせた商品を選択する

漫然とした使用を避け、蚊やブユ(ブヨ)等が多い戸外での使用等、必要な場合にのみ使用するようにしましょう。

12歳未満の子どもに使用する場合、以下の回数を目安に使用しましょう。なお、顔には使用しないで下さい。

  • 6カ月未満の乳児には使用しないで下さい
  • 6カ月以上2才未満:1日1回
  • 2才以上12才未満:1日1~3回

お子様への使用時は、一旦大人の手にスプレーし、その手で子供の肌に塗布するようにして下さい。このような使用方法には、飛散の少ないノンガススプレータイプがおすすめです。

虫さされを防ぐには虫よけ剤だけに頼らず、まず長袖・長ズボンなどの着用で肌の露出を少なくする工夫をしましょう。
使用後、虫よけ効果が不要になった場合は、なるべく早く石鹸などで洗い流すようにしましょう。

2:目に入ったり、飲んだり、なめたりしないように注意する

目に入ったり、飲んだり、なめたり、吸い込んだりすることがないようにし、塗布した手で目をこすらないようにしましょう。

目に入った場合には、すぐに大量の水やぬるま湯でよく洗い流しましょう。また、具合が悪くなるなどの症状が現れた場合には、すぐに本剤を持参しエタノールとDEETが含まれていることを医師に告げて診療を受けましょう。

おわりに

虫よけ製品の特徴や選び方を紹介しました。スプレータイプが人気ですが、他にもさまざまなタイプがあります。自分に合うタイプの虫よけ製品をみつけてみて下さい。

医薬品を服用の前には添付文書を確認し、用法容量を守って服用してください。

(image by 足成)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ