ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

雨や汚れ防止に!防水スプレーを選ぶポイント&おすすめ製品

はじめに

傘や靴、衣類などの汚れ防止に防水スプレーを使用されると思いますが、一口に防水スプレーといってもいろいろな製品があります。

ここでは、防水スプレーの安全な使用方法、用途に合った防水スプレーを選ぶポイントとおすすめの製品をご紹介します。

防水スプレーを選ぶポイント

雨や雪対策として、傘やコート、靴用の防水スプレーを選ぶ方が多くいらっしゃいますが、製品ごとの使用できる用途を確認することが大切です。例えば、皮革製品には、専用タイプのものを使用しましょう。

また、防水スプレーは成分によってフッ素系・シリコン系に分けられます。ここでは、用途別に防水スプレーを選ぶポイントをご紹介します。

どのタイプも衣類用・革用等の用途は限定されていますので、必ず確認してください。

優れた防汚性・通気性を求める方

フッ素系の防水スプレーは、防汚性や通気性に優れています。ユニホームやランチョンマットに事前にかけておくと、汚れの付着を防止することができます。また、傘の水切れも良くなります。

優れた即効性を求める方

シリコン系の防水スプレーは防汚効果や通気性はないものの、即効性に優れています。通気性をあまり問題にしない雨傘や着衣以外のシート等に適しています。

防水スプレーの主な商品分類

防水スプレーは、大きく分けると以下のようなニーズに向けて商品が分類されています。

汚れの防止を付着したい時

とにかく汚れの付着を防止したいというニーズには、フッ素系の「CF 防水スプレー」、革用の「スコッチガード皮革保護剤」等の製品があります。スーツの裾やユニホームの袖口、襟元、ランチョンマット、革靴等に使用できます。

優れた即効性を求めている時

「とにかく早く使用したい!」という即効性を求めているニーズには、乾燥時間が早いものが良いでしょう。ただし、基本的には直前の使用ではなく、前もっての使用をオススメします。

防水スプレーの基本的な使用法と注意点

基本的な使い方

防水スプレーは、対象物から20~30cm程度離して全体に均一にかかるようスプレーします。目安は軽く湿る程度です。しっかりと乾燥しないと効果が出にくいので、直前ではなく前もってかけておいてください。乾燥時間は製品によって異なりますが、早いものでも15~30分程度は必要です。

何に使えるかを、必ず事前に確認してください。例えば革用ではないものを革製品に使ってしまうと、シミになってしまうこともあります。

注意点

防水スプレーには人体に害のある物質が含まれていますので、必ず屋外で使用し、風向きに注意して吸い込まないように注意してください。湿度の低い乾燥した環境で使用するのがオススメです。

おすすめの商品

防汚性・通気性を求める方

  • フッ素系 CF 防水スプレー 等

汚れを防ぎ、通気性をキープします。シリコン系とフッ素系の良いトコ取りをした使い勝手が特徴です。

即効性を求める方

  • シリコン系 ライオンレインガード 等

乾燥時間が約10分と早いため、素早く使用することができます。

皮革製品の汚れを防ぎたい方

  • 革用 スコッチガード皮革保護剤 等

革靴などの外側の防水・防汚はもちろん、内部への水の浸透を防ぎます。

おわりに

用途にあった防水スプレーを選び、安全に使用してください。

(image by 著者)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ