ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

カビ対策!洗濯槽クリーナーを選ぶポイントとおすすめ製品

はじめに

主婦や一人暮らしの方で、「洗濯物にゴミがついて困る」や「洗濯物からイヤなニオイがする」といった経験がある方は多いのではないでしょうか。

その汚れやニオイ、洗濯槽のカビが原因になっているかもしれません。ここでは、洗濯槽のカビを防ぐ日頃の掃除に欠かせない、洗濯槽クリーナーの選び方をご紹介します。

洗濯槽クリーナーを選ぶポイント

一般的には、CMでよく見かける製品や、手頃に使える価格の製品を選ぶ方が多いようです。

最近では、水に溶けやすい液体タイプ・ジェルタイプや、洗剤の香りにあわせて使用できるタイプも登場しています。そのため、洗たく槽の種類に応じて『塩素タイプの液体』や『無塩素タイプの粉末』を選ばれる方も増えています。

洗浄後の塩素の臭いが気になる方

洗浄後の塩素の臭いなど気になる方には、酸素系洗剤の粉末タイプがおすすめです。液体タイプのものに比べると洗浄力は落ちますが、お風呂の残り湯でも使える製品もあり、使用しやすいのが特徴です。

普段のお洗濯に使われている洗濯洗剤と香りをあわせるため、同じブランドの洗濯槽クリーナーを使用するのがおすすめです。

ドラム式の洗濯機には使えないケースがあります。また、お風呂の残り湯では使用できない製品もあります。

とにかく汚れを落としたい方

汚れを落としたい効果重視な方には、塩素系洗剤の液体タイプをおすすめします。塩素系といっても、製品に記載の注意事項に従ってご利用いただければ安全性に欠けるということではありません。

つけ置きタイプの酸素系洗剤ではカバーできない、ドラム式の洗濯機にも対応しているものがあります。

ドラム式の洗濯機にも使えるかどうかなど、製品に記載されている条件や注意事項をよく確認しましょう。

掃除のタイミング・頻度

  • 洗濯物に黒くてペラペラしたものや洗濯洗剤のカスのようなものがつく
  • 洗った衣類から嫌なニオイがする

一般的には、1~2ヶ月に1回を目安に掃除するのが好ましいでしょう。ただし、上記のように、ニオイや黒いもの(黒カビ)の付着・洗剤カスが浮くなどの状態が見られたときに掃除するだけでも効果的です。

おすすめの商品

カビキラー洗濯槽クリーナー

塩素系の液状タイプ。ドラム式にも対応しています。カビ除去効果が高く、汚れ残りが少ないのが特徴です。塩素系ですが防サビ剤が配合されてるので、ステレンス層にも安心です。

アリエール洗濯槽クリーナー

酸素系の粉末タイプ。塩素系非配合なので、気になる方でも安心してご利用いただけます。また、つけ置きなしで、使用後すぐに洗濯できます。

エステー洗たく槽クリーナー

塩素系の液状タイプ。はがれたカビが洗濯槽につきにくい再付着防止剤が配合されています。ステンレス槽・プラスチック槽どちらにも使用でき、ドラム式などにも使用できます。

おわりに

洗ってもなかなかニオイが消えないときや、部屋干しでカビ臭いときなどは、洗濯槽クリーナーを使ってみてはいかがでしょうか?

(image by 著者)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ