ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

お役立ち情報

湿気と虫は着物の大敵!防虫剤・防湿剤を使った正しい着物のしまい方

はじめに

着物や振袖の正しい収納方法をご存知ですか?和服を着る機会はそれほど多くないので、「着た後にどうやってしまえばいいかわからない」と悩んでいる方もいるかと思います。

着物や振袖を長持ちさせるためのしまい方をご紹介します。

着物を正しくしまわないとどうなるの?

和服は衣類の中でもカビが発生しやすい衣類です。特にシミや汚れを放っておくと虫の被害に遭いやすくなり、カビ発生の原因にもなります。また、シミをそのままにしておくと変色や黄ばみの原因にもなってしまいます。

着物のしまい方

脱いだ後の着物はハンガーにかけて陰干しを

着物は脱いだ後は、専用のハンガーにかけて半日から一日の間、風通しの良いところで陰干ししましょう。天気が悪い場合は、部屋を閉め切った状態で除湿します。

その後、ハンガーに掛けたまま柔らかい毛ブラシかビロード布団で全体の埃を払いましょう。

折り目を正してからしまう

収納するときは、着物や帯の折り目を正してからしまいます。不要な折り目は入れずに決まった形にたたみ、必ずたとう紙に包んでからしまいましょう。金糸や銀糸、刺繍などの加工があるものは薄紙を当てて保護します。

しまうときに着物や帯を重ねすぎると、着物にあたり(テカリ)ができてしまうので注意しましょう。

しまう場所は桐箪笥(きりたんす)が良い

着物の収納容器には、昔ながらの桐箪笥がすぐれています。もしくは、桐製の衣装ケースや茶箱などでも代用できます。

防虫剤・防湿剤を活用する

収納するときは防虫剤や乾燥材を使うのがオススメです。着物用の防虫剤には、たとう紙の中に一緒に包むシートタイプのものや、着物と一緒に収納容器の中に置くタイプのものなどがあります。

防湿剤はたとう紙で包んだあと、上に置いて使用するシートタイプのものがオススメです。

ときどき「虫干し」をする

しばらく着物を着ない場合でも、年に数回は収納から出して「虫干し」をしましょう。空気を乾いた日に行い、箪笥の中やたとう紙にも風を通すようにします。

虫干しは1月と7月を目安に、空気の乾燥した日を選んで行います。

防虫剤の選び方

防虫剤の成分には種類がある

防虫剤は製品によって含まれている成分が異なります。

「エンペントリン」(ピレスロイド系)

無臭性の成分です。衣類ににおいがつかないので、出した後にすぐ着用できます。他の防虫剤と併用することができます。

「パラジクロロベンゼン」

臭いがあるタイプの成分です。効き目が素早く、ウールや絹素材の衣類に適しています。

「ナフタリン」

こちらもに臭いがある成分です。効き目がゆっくりと持続します。和服や人形などの収納に適しています。

「樟脳(しょうのう)」

自然の芳しい香気がある成分です。ウールや絹素材の衣類に適しています。

防虫剤を併用するときは注意が必要

薬剤の異なる防虫剤を併用すると、薬剤が溶けてシミがついたり変色することがあります。無臭のピレスロイド系以外の防虫剤を使うときは、ほかの薬剤との併用を避けてください。

併用するときは、必ず薬剤名を確かめてから使いましょう。

オススメの防虫剤・防湿剤

ムシューダ 和服用(エステー)

和服の上にのせる薄いシートタイプの防虫剤です。防虫効果が1年間持続します。また、取り換え時期の目安になるおとりかえシール付きです。

成分がピレスロイド系なので、ほかの防虫剤とも一緒に使用できます。

ミセスロイドきもの用(白元)

小型のシートタイプで、防虫シートの上に乗せておくだけで防虫効果が1年間持続します。金糸・銀糸にも使用でき、着物についた汗の臭いなども消臭してくれます。

成分がピレスロイド系なので、ほかの防虫剤とも一緒に使用できます。

ネオパラコーナー 和服用(エステー)

引き出しや衣装ケースの隅に置くタイプの防虫剤です。簡単に設置でき、成分がムラなく広がります。防カビ効果があるので、カビの発生を抑えることもできます。

ナフタリン・樟脳との併用はできません。

ドライペット 引き出し・衣装ケース用(エステー)

こちらは湿気を吸収し、ゼリー状に固める防湿剤です。シート状になっており、衣類の一番上に置いて使用します。50Lの引き出しや衣装ケースにつき1つ使用すれば、標準で約3~4か月効果が持続します。

顆粒上の薬剤がゼリー状になったら取り換えのサインです。

白い吸収面を必ず上に向けて使用します。
湿気の度合いにより、効果の持続期間が短くなる場合があります。また、必ず1年に1度は取り替えるようにしてください。

きものしょうのう(白元)

小さな和紙の袋にパックされた、樟脳100%の防虫剤。なつかしいしょうのうの臭いで着物を守ります。引き出し1段につき1包が適量です。

初めて使う場合は、着物を陰干しして前の防虫剤の臭いを飛ばしてから使ってください。

おわりに

湿気や虫は着物や振袖の大敵です。着た後はしっかり陰干しし、防虫剤や除湿剤を上手に活用して収納しましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

(image by PAKUTASO)

こんな記事もチェックしています

ページトップへ