お役立ち情報

お薬手帳を持っていますか?

お薬手帳を持っていますか?

はじめに

処方箋を持って行った薬局で作ってもらえる「お薬手帳」。病院や薬局を利用する際の持ち物として定着しつつあるようです。しかし、持ってはいても上手く使えていない方が多いのではないでしょうか? 今回は、意外と知らない「お薬手帳」の必要性や便利な使い方をご紹介します。

「お薬手帳」が必要とされる理由

医師と薬剤師の役割を分ける「医薬分業」が進んでいます。そのため病院で出された処方箋を自分で薬局へ持って行くことが増えていませんか? その結果、いろいろな薬局を利用していることもあると思います。

 

薬剤師は1枚の処方箋から、“今、患者様が必要としている薬は何か”をチェックすることはできます。しかし、他に何を飲んでいるのか、これまでに何を飲んでいたのかまでは、患者様自身に聞かなければわかりません。そんな時、自分が飲んできた薬を正確に説明できる患者様は、どれだけいるでしょうか?

 

患者様自身が飲んでいる薬を説明したくても、色や形程度しか分からなければ情報が少なく、薬剤師が薬を特定するのに時間がかかってしまいます。東日本大震災のとき、お薬手帳を持っていない人に比べ、持っている人はスムーズに常用薬が特定できました。災害などの緊急時には該当する薬が用意できない場合もありますが、それによって別の薬でスムーズに対応できたそうです。

 

こうして「お薬手帳」に服用記録をまとめることで、すべての薬を管理することができます。そのほか副作用や持病、妊娠、アレルギーなど、母子手帳のような役割も果たしてくれます。複数の薬局を利用していても薬を管理できるし、突然の災害や事故にも活用できるなど、「お薬手帳」の必要性は高まってきているのです。

薬局だけでなく、ドラッグストアでも

お薬手帳を使う場所は、医療機関や薬局だけではありません。「私はこういう薬を飲んでいるのですが、この頭痛薬と一緒に服用しても大丈夫ですか?」というように、ドラッグストアで「お薬手帳」を使う患者様が増えています。処方された薬の情報だけでなく、一般医薬品やサプリメントなども「お薬手帳」に記録しておけば、医療機関と薬局、ドラッグストアすべてをつなげることができるのです。

 

このようにお薬手帳は、受診の際にだけ持ち歩くのではなく、いつでも携帯し、自分の体に関しての情報を記入し、必要な時にいつでも提示することでメリットをより大きくします。

お薬管理や処方箋の送信もできるアプリ

「お薬手帳」は薬局で入手する冊子が中心でしたが、これからはアプリの活用が増えていきそうです。例えば、ココカラファインがリリースしているアプリ「ココカラファイン お薬手帳」。薬の登録はもちろん、バイタルデータや服用スケジュールを登録することができ、飲み忘れアラームなど便利な機能も満載! 無料でダウンロードでき、操作も簡単です。

 

特にオススメの機能は「処方箋画像送信サービス」。病院でもらった処方箋をスマホのカメラで撮影し、ココカラファインの薬局へ送信するサービスです。事前に処方箋を出し、都合のいい時に受け取りに行くことができるので、薬局での待ち時間を減らすことができます。

 

また、複数の「お薬手帳」を一つにまとめることができるのもポイントです。薬剤の服用歴が増えると、「お薬手帳」は2冊目に切り替わります。すると、一番新しい1冊だけを持って行く患者様が多いのです。薬剤師が服用暦を把握するために、過去の冊子を一緒に持って行くのが正解。このアプリがあれば、「古いお薬手帳」を忘れることも減るでしょう。

 

そのほか家族の記録もまとめて登録できます。何冊も持ち歩く必要がなくなり、家族の健康記録として残せるのもうれしいですね。

ココカラファインのお薬手帳アプリは、こちらからアクセス!

QRコードリーダー対応のスマートフォンをお使いの方は、下記のQRコードからアクセスが可能です。

▼iOSをお使いの方はこちら(App Storeへ)
iOS(App Store)用

▼Androidをお使いの方はこちら(Google Play Storeへ)
Android(Google Play Store)用

おわりに

「お薬手帳」は、私たちにとって“薬の日記”のようなもの。薬剤師にチェックしてもらえば、現在や過去のカラダの状態を正確に伝えることができます。毎日の健康管理ツールとして、「お薬手帳」を身近なものとして使ってみませんか?

こんな記事もチェックしています

ページトップへ